CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< 1年を締めくくるエキップアサダパーティー | main | 今すぐアクセス、見逃すなっ >>
RM45回目:フランスへ行きまっしょい!
昨日、木曜日はレベイユマタンの更新日です!
でも、今回はゲストさんがいないっっ。だから、このブログも書くのをやめようかと思ったのですが…
よく考えたら今回は後半の『フランスへ行きまっしょい!』が復活しております。
それも久々のフランス語会話でございます。
だから、とりあえずやっぱりUPしてみました。

日本語になっているフランス語です。でも、日本語とちょっとニュアンスが違うのよね〜というのをピックアップしてみました。

まずは誰でも知っているであろう日本語になっているフランス語。
ヴァカンス(vacances):「休暇」「休み」
パティシエ(pâtissier):「お菓子職人」です。
BJさんが、ヴァカンスの意味を知らなかったとは…軽くショックぅ。

次に、ちょっとニュアンスが違うフランス語。
ランデブー(rendez-vous):日本語だと「あいびき」、「秘密のデート」ってちょっぴり怪しい感じになりますが、フランスでは単なる「待ち合わせ」「予約」

パトロン(patron):日本語だとお金持ちのおじさんってかんじですが、フランス語だと、単なる「オーナー」とか「ボス」って感じです。

パンタロン(pantalon):すその広がったズボンですが、フランス語だと「ズボン全般」を意味します。

こうして覚えたら、ちょっとはフランスが身近になりませんか?以上、今週の『フランスへ行きまっしょい』でしたぁぁ。

ちなみにレベイユの前半は、今までのレベイユゲストを振り返るパート3です。
更に、『フランスへ行きまっしょい』の後は、先週の鈴木真理選手のプレゼントに応募してくれた方々の熱いメッセージをご紹介しています!プレゼントの締め切りは25日までなので、まだの方ぜひ応募してくださいね。


RM:第45回 今までのゲストを振り返る、フランスへ行きまっしょい他
| Reveille matin | 23:24 | comments(4) | - |
コメント
んもう、メール読まれてびっくりでちた。
・・・恥ずかしいっす。


『フランスへ行きまっしょい!』
Chihoさんのおっしゃる通り、フランス語が少しだけ身近に感じました。
マロンもフランス語?
来週末は、なまルブランのなま声を聞ける予定。
レベイユのバックナンバーでフランス語に慣れておきます。
| きゃす | 2007/12/15 7:04 AM |
「ランデブー」や「パトロン」はホント秘密めいた響きでしたが
全然普通なんですね(笑)勉強になりました!
次回も楽しみにしてますね〜♪
| 輪服屋 | 2007/12/15 7:46 AM |
『フランスへ行きまっしょい!』
日本の中のフランス語面白かったです。

英語の歴史を調べると英単語の半数近くがフランス語起源らしいので、日本のフランス語の中にはフランス直輸入だけでなく、英語経由で入って来たものも有るかも知れません。
Wikipedia:「英語史」ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%8F%B2
「英語の歴史」ttp://www.rondely.com/zakkaya/his/index.shtml
「英語の歴史/英語の成り立ち」ttp://globalheart24.com/english.htm

イギリスがフランス人に統治された時代に上流階級にフランス語が広まったらしく、「(仏):beef→(英):ox」「(仏)pork→(英)pig」の様に生きている時と食卓に上る時で上流と下流に分かれているそうです。

フランス語を操るChihoさんは、英語圏の選手には上流に思われているかも知れませんね。
| 3K1 | 2007/12/15 8:54 PM |
> きゃすさん
マロンもフランス語ですよ。
Jスポーツ主催の『激走!朝までツール・ド・フランス』に行かれるんですね。JM・ルブラン氏にぜひフランス語で話してください。ただ先日のように、ルブラン氏に「レベイユマタン」って言っても???って変な顔されるだけなので、くれぐれもご注意を(笑)

> 輪服屋さん
フランス語って、おフランスのお言葉なのでなんか誤解されて、日本に入ってきてしまっているみたいです。そんな色っぽいものでもないんです、実際は…。またネタ集めておきます!

> 3K1さん
英語になっているフランス語が多いので、意外と英語が分かったりして便利です。ただ、発音は結構違うんですよね〜。大して英語は喋れないんですが、頑張って英語を喋ると発音がフランス語のままで通じない…。(汗
| Chiho | 2007/12/16 11:00 PM |
コメントする