CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< くりらじ卒業 | main | オリンピックイヤーですね >>
初めてづくしの令和元年

令和元年最後の日、今年も色々新しいことをさせてもらい、あっという間に終わった1年でした。

まず、ロードの審判の方では、ツール・ド・とちぎに始まりジャパンカップで終わった1年でした。どちらも役員で行くのは初めての事で、公道を走るツール・ド・とちぎは一度行ってみたいと思っていたので、呼んでもらえてうれしかったです。初日にタイムトライアル、2日目にクリテリウム、3日目がラインレースで、以前に比べてラインレースが1日のみとなっていましたが、沿道にはたくさんの人が駆けつけていて(特に以前通過した事がある場所)、嬉しい驚きでした。

ラインレースと言うことでスタート地点に白バイがずらり並んでいたのも圧巻でかっこよかったです。大会運営の苦労とかも聞き、色々な方たちの苦労や努力があって、開催されているレースだなとしみじみ思いました。そのツール・ド・とちぎですが、来年いっぱいで終了になってしまうとのニュースが出てました。ロードレースの楽しみが詰まったいいレースなので本当に残念です。こうしたいいレースがずっと続けれられるようにできるだけ尽力出来ればと思います。

ただ日本人選手が活躍してくれないとな〜ってつくづく思います。今年のツール・ド・とちぎ、日本選手の勝利はありませんでした。公道を止めてレースをやることがどんなに大変なことか、せめて国内のUCIレースで勝負できる実力のある選手が出てきてくれるといいんだけどな。

 

公道レースと言えば、オリンピックのテストイベントが7月に行われました。あの日は涼しくて、沿道にはたくさんの人が観戦してくれていました。日本でこんなレースができる日が来るなんて!と感動しました。来年はいよいよ本番のオリンピック。世界の戦いを見られるのが楽しみです。そこに日本選手の姿はあるのかな…。

 

今年は2年ぶりにフランスのレースに行くこともできました。審判の研修でツール・ド・ラヴニールへ。本場のレースでいろいろ学べたのは良かったです。特にレースでのスピード感。ちょっとの判断ミスであっという間に差が開いてしまうので、場数を踏まないといけないなと思いました。

初めてバイク審判もしたし、ジャパンカップの女子レースで初めてチーフもしたし、今年も色々新しい事ができた1年でした。

 

夏以降からはレース中継にも参加し、都道府県大会で鹿児島へ行き、茨城国体、秋吉台カルストロードレース、ツール・ド・おきなわの4レースでスイッチャーをしました。中継は毎回何が起こるか分からないのでヒヤヒヤしますが、レース全体が見られるので楽しいです。

 

あと、長年やってきたくりらじサイクリングポッドキャストですが、バイシクルニュースの終了と共に卒業しました。バイシクルニュースの終了が突然だったので、どうするべきかな〜と悩みましたが、ちょうどいい機会だったのかなと思います。

 

新しいこともあれば、終わってしまうものもある。
令和と言う新しい時代が幕を開けた2019年。来年も色々チャレンジしたいと思います。

今年もこのブログを読んでいただき、ありがとうございました。

| その他 | 11:24 | comments(0) | - |
コメント
コメントする