CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< マッサエンタープライズを退職しました | main | ジャパンカップ楽しんできました >>
国体中継は難しい〜

木曜日に大三島でえひめ国体のロードレースがありました。
今回もロックオン中継班として参加しました。担当はスイッチャー。

昨年プレ大会となる都道府県が行われ、その時もスイッチャーとしてこのコースをさせてもらったので、1年ぶりでなんとなくコースは分かっていたもののいざレースとなるとやっぱり難しいです。

都道府県大会は、女子と男子で2周と3周だったのですが、今回は成年と少年の男子2レースのみ。どちらも3周で成年が先にスタートし、10分後に少年がスタート。この2レースをバイクカメラ一台ずつと固定で見せないといけないのでスイッチングが難しく、一つのレースに集中してたらもう一つの方のレース展開がよく分からなくなるので、バイク班に随時聞きながら、テロッパーのころんさんに成年か少年かのテロップをつけてもらい、両レースを交互に見せました。でも今回は本当に難しかった〜。

 

まず最初に成年がスタートしアタックが始まっていたのでそちら中心で、少年のスタート前になったので少年に切り替えたら、成年がドローンポイントに突入。少年スタートだし、ドローンも画が来てるし、どうしよう!!ってなりつつも少年スタート前に無理やり画を入れてなんとかドローン映像も使用。逆光でちょっと暗くなってしまってしまいましたが、ドローン班の労力が水の泡にならなくて良かった。

 

レースが始まると成年と少年を見る人が混乱しないように気をつけながら両レース見せつつ、レースが進行。バイクカメラから届く映像でお互いのレース展開を確認しつつ、バイク班に指示出ししながらスイッチングしていたのですが、どうもタイミングが悪くて関門にあった固定カメラへのスイッチングを何回か見逃してしまいました。

今回ドローンは2ヶ所で撮影する事になっていて、トンネルを抜けたところで2周目は撮っていたのですが、これまた成年のコントロールライン通過と少年がドローンポイントへ来るタイミングが被り、ひえ〜!!っとなってました。なんとか成年集団のコントロールライン通過からのドローン映像でフォローできました。こちらドローンポイントの映像はむちゃくちゃ綺麗で、会場のビジョンカーに映った映像も迫力あってよかったと聞きました。お天気も予報では曇りでしたが、なんとか晴れていたので海の青さも良かったです。(フレッシュ録画だと2時間23分くらい)

 

コースの途中に絶景の中継ポイントがあって、成年はうまい具合にそこでレース展開が動いてバイクカメラのはんすけさんがうまく見せてくれていたので、映像見ながら興奮してました。

この絶景がお気に入りポイントでした!

 

そして、レースはラスト周回に突入。最後はドローン班がフィニッシュ前に2人分かれて2ヶ所固定になる事になっていました。固定はゴール前のコンビニ前後に位置していたのですが、そのスイッチングの距離感がよく分からず。成年はラスト一人が飛び出していて迫り来る集団を映していたら、最初の固定で落車が映っていてそっちに気を取られていたら、フィニッシュカメラに先頭が映って手を上げて、慌ててスイッチングしてなんとか間に合いました。ガッツポーズが早かったので目に入ったけど、いや〜やばかった。

 

成年がフィニッシュしたら少年は先頭が2人になっていて、すぐに切り替えたもののちょうどトンネルで電波が来ない所になってしまい映像が出せず。やっと電波が安定したので映像を出したらもう先頭は一つの集団になってました。それから、少年のバイクカメラ中心で流していたのですが、今回少年のバイクカメラはまだ経験が少ない高田さんでさらにカメラのズームがきかなかったらしく、選手を捕らえられていない場面が多くなってしまいました。

 

最後のレース展開は集団ゴールスプリントかそれとも飛び出した選手が逃げ切るか?と言う成年と同じようなシチュエーションになり、少年のフィニッシュは同じ失敗をしないように心がけてました。しかし、少年はゴールに近い橋バックの固定カメラで落車が発生。うぉ〜っと思ったものの、今回は気を取られず冷静にフィニッシュカメラ画面を見てスイッチングしてゴールスプリントが撮れました。良かった。

 

そういうわけで、なんとか今年の国体は終了。成年は草場啓吾選手(京都府)、少年は西原裕太郎選手(奈良県)が優勝しました。今回のレースは、少年も成年も動きが活発だったんですが、成年のフィニッシュと少年の動きがあったいい所が重なってしまい、うまく伝えられなかったのが残念でした。やっぱり2レース同時にあると見せ方が難しい〜。

 

国体の中継は難しいけれど、自転車ロードを知らない人も沿道で応援して見てくれているし、普段レースができないような場所でロードレースができるのでやっぱり楽しいです。できれば、国体で使ったコースを利用して今後ロードレースを開催してくれるようになるといいんだけどなぁ。

来年の国体は福井県です。今年プレ大会の都道府県で行きましたが、福井のコースもいい所なので来年も国体が楽しみです!

 

FRESH!えひめ国体ロード中継 ←見逃した方やまた見たい人はぜひこちらで見てください

フィニッシュ前にも映っていた多々羅大橋&国体のゆるキャラ“みきゃん”

 

 

 

| 自転車の話 | 22:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする