CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< 女子2レースへ行ってきました | main |
ヨーロッパ最後のレース

無事帰国したChihoです。
4月12日(水)にあったブラバンツペイル(フレッシュブラバンソン)が私の今回ヨーロッパ修行最後のレースでした。

当初は観戦に行くのみだったんですが、前日知り合いのダニエルと一緒に会場に行って主催者の人にお願いしたら、研修OKとの事でチーフカーが空いているから乗ったらいいよと言ってくれました。ええ、チーフカーに乗れるの!とワクワクしたのですが、その後お偉いさんが来るとの事で、やっぱりチーフカーには乗れず。そりゃそうだ。

 

代わりに、レースを先行するサブレースディレクターの車に乗ったらいいと言われ、交通規制とかまあ審判じゃない車の動きが分かるし、それもまあいいか〜と思ってその車に乗る準備をしていたら、フィニッシュジャッジカーが空いてるから、そっちに乗ったらいいよと言われ、それなら審判の動き分かるのでフィニッシュジャッジカーに乗ることになりました。

幸い運転手は、ツール・デ・フランドルの女子レースでコンタクトを取っていたマークだったので、顔見知りでした。審判のティミーと3人でスタート10分前に車集合。

 

レース当日の朝にドライバーズミーティングなどがあったので、出席しました。しかし、フラマン語…。コースの危険個所を見せて説明したりしてました。あと、コース規制のバイクの人たちだけ集めて、どこで抜け道があってレースの前に出られるみたいな説明もやってました。この間のくりらじの収録でも言いましたが、レース車両の規制も厳しくなっているし、今後は日本でもレースに関わる車両関係者を集めて、きちんとドライバーズミーティングをやらないといけないですね。

IMG_7531.jpg

コース規制のバイクの人たち。多くの人の協力でレースが開催されてます。

 

スタート地点のルーヴェンは、ベルギーでお世話になっている友達の旦那さんが勤めている街で、お昼にレース見に行くかも?とは言っていたのですが、スタート地点はすごい人で会えないだろうな〜と思っていたら、偶然車に乗り合わせる時に会ってびっくり!

フランドル地方&お昼休み時間だったので、スタート地点と街のコースはすごい人でした。街中を一周パレードして数卅ってから正式スタートだったので、パレードスタートする選手たちを見送った後、レースに合流しました。

IMG_7562.jpg

スタート地点。フラマンの人は本当自転車レース好きです!

 

フィニッシュジャッジカーだったので、てっきりレース先行で行くのかと思っていたら、いつまでたってもチームカー隊列の後ろの方。マークとティミーはフラマン語で話してるし、あれ、あれ?と思っていたら、この日は最後周回コースだったのでフィニッシュジャッジカーは、COM4みたいな働きでした。だから、いつも通り遅れた選手チェックして、追いついてくる選手&チームカーの動き見てました。この日のラジオツールは、フラマン語で次にフランス語も言ってくれていたので、レース展開も分かって楽しめました。

 

ジャーナリストの時は、ラジオツールから聞こえる先頭を行く選手たちのゼッケン番号をひたすらチェックするのが主でしたが、審判になると遅れる選手のゼッケンチェックが主な仕事で視点が違うな〜ってつくづく思ってしまいました。

最後は周回コースを3周するので、遅れてやめてしまう選手が続出で番号控えるのに必死でした。2周目終えて車から降りて、ゴール横で待機してました。フィニッシュジャッジの建物へ行くのかな?と思ったのですが、今回は地上からゼッケンチェック。ティミーと反対側に位置して、目取りでゴールする選手のゼッケンを書き留めました。だから、ゴールする選手が間近で見れてすごい迫力でした。勝ったのは、ソニー・コロブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)、スプリント勝負でいち早く抜け出しガッツポーズしてゴールでした。

IMG_7566.jpg

左から右にゴール。ゴール横の特等席でした!

 

とにかく目取した番号を書くのですが、あとでメモ見たら何番って書いてるかよくわからない…。最後のボワチュールバレが行くまで選手の番号を控え、建物の上に行って計測のリザルトと照らし合わせました。正式結果が出た後審判本部でリザルトと出走選手の間違いがないか、ティミーが番号チェックしてました。今回はチーフがフランス人だったので、ペナルティーがあったか聞くと「スティッキーボトル(車からボトルを持ったまま走行)と観衆の前での用足しくらい」との事でした。よくあるペナルティーです。こうして、ヨーロッパ研修最後のレースは終了しました。

 

今回はワンデーレース3戦でしたが、レース後方の動きはずいぶん分かるようになったかな?今後は日本での実践が待っているので、頑張ります!国内UCIレースの審判デビューはツール・ド・熊野の予定です。

| 自転車の話 | 09:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする