CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< 今回一番長かった第5ステージ | main | ちょっと特殊なパリ〜ニースの招待客 >>
第6ステージは山岳でCOM3でした

チーフのサポートをするCOM3に乗りました。前日と同じくジャッキー&ジェロームのコンビでした。この日もリアルスタートの0?地点に行く前にパンクがあり、0?看板を過ぎてから11時55分に正式スタートとなりました。

13卉賄世縫テゴリー1級の峠があったので、COM3はチーフカー、マヴィックカー、メディカルカーの後ろにつき、COM4がチームカー隊列の3番目くらいで見える位置(後方)にいました。


最初の上りでどんどん遅れる選手が発生したので、抜かしながらチーフカーについていきました。大きな遅れグループがあり道が狭くCOM4でチームカーを止めていたので、5台くらいなら前に行けるとジャッキーが指示。しかしその後、チームカーを利用して遅れ集団がメイン集団に追い付きそうだったので、チーフのジャンミシェルからチームカーを止めるように指示が入り、チームカーを止めて遅れた選手たちが自力で集団復帰するのを待ちました。大半の選手は追いついたのですが、力のない選手2人ほどが集団に追い付きそうで追いつけずでした。

 

レース途中に消防車が逆走で来るとの連絡があり、ラジオツールで報告。道幅が広い場所だったので集団はうまく回避できました。8人の逃げができてから、集団は落ち着いていたのであちこちでトイレタイム。レースじゃなくてそちらしか見れない展開になりました(笑)。止まる選手もいれば走りながらの選手もいて…。COM4カーもトイレ休憩(私はゴールまでトイレなしですが、レースだと仕方ないしもう慣れました)。チーフカーもお昼&トイレを取りたいとの事で呼ばれて、しばしの間チーフカーの役割をすることになりました。チーフカーには、チーフコミッセール、レースディレクター、ラジオツールの人が乗っています。だから、チーフカーの代わりとなるとラジオツールをしないといけないんです。選手が手をあげたらチームカーを呼んだり、メカトラとかで止まっていたら、どちら側にどこのチームの選手が止まっているかを言っていきます。ジャッキーがそれを言っていました。補給したいチームが多く、呼び出されたチームカーがカオスな状態になってました。15分ほどでチーフカーが復帰し、その後はメディカルカーの後ろで待機。

 

道幅が狭いカテゴー2の峠があったので、106km地点のドラギニャンの街に入るとそれまでチームカー優先のため下がっていたニュートラルサービスのマヴィックカーをチーフが上がってくるように呼び、チーフ、マヴィック、メディカル、COM3の順に。
この峠でも遅れる選手をパスし、集団と遅れた選手の差を時折チーフが測りながらレースは進み、カテゴリー1の峠で前との差が40秒だったのでチームカーをブロックしていたら、チームカーがクラクション鳴らして前に行かせろアピールしてくるし、なかなか大変でした。後続のグループが追つくよとCOM4のロベルトから無線が入り、下り基調の狭い山道で車を止めて、後続グループをパスさせました。すぐにCOM4が後ろに来てくれるので、チームカー管理はCOM4に任せ、前に行くことに。そのグループを追い越し前に出たら、結構差が開いてて車3台ほどは前に来れるとCOM4のロベルトに連絡。後半の峠に入ってからは、終始こんな感じでチームカー管理でした。

途中チーフのジャンミッシェルから、差が開いてるようだから3台分通していいと連絡が入り、かなり狭い道でしたがチームカー3番目のモビスターまで前へあげることに。ジャッキーが無線で言い、私も窓から手を出してジェスチャー。4番目は行かないようにブロックして、ちょっとお仕事手伝えました。

下りもカーブくねくねで、Chiho大丈夫か!と言われましたが、ツールやほかのレースで慣れているので全然平気って笑ってました。ちなみにレースは気が張っているので大丈夫なんですが、レース以外の時は車酔いしたりします。

 

最後の峠までメイン集団のほぼ後ろにいましたが、後ろから迫ってくる選手や前から遅れる選手チェックでレース見る余裕はあまりなく、あわただしく終わった第6ステージでした。

ツール・ド・ランカウイとは勝負の時のスピードも違うし、プロはスタッフもプロなので動きも全然違うし、コミッセールカーは後ろの勝負が終わった選手はどんどん見捨ててとにかく前々で動いていかないといけないことを学びました。
ただ同じようなことが日本のレースでもできるのか?というとなかなか難しいとは思いますが、こうやって動いていることが分かっていい経験になりました。

 

レースも残すはあと2日。今日はフィニッシュジャッジなんですが、もうフィニッシュジャッジは2回経験済みなのでどこか違うポジションしたいな〜。まあすべては招待客がいるかいないかで変わってくるんですが、どうなるかな?ニースだし招待客多いだろうな。もう次こんな体験はできないかもしれないので、楽しみながら頑張りたいと思います。

| 自転車の話 | 17:45 | comments(0) | - |
コメント
コメントする