CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< パリ〜ニース第4ステージはTT | main | 第6ステージは山岳でCOM3でした >>
今回一番長かった第5ステージ

パリ〜ニース第5ステージは199,5kmと今回一番長いステージでした。この日は、コミッセールはジャッキー、運転手はジェロームのCOM4でした。COM4はチームカー隊列の後ろにいるポジションなので、スタートした後に出ます。いつもレース先行車だったので、主要選手がサインに来るときにはもう車に行っていることが多いのですが、今日は最後までサインする選手を見ることができました。

パリ〜ニースの出走サインはサイン台にある画面にタッチパネルで行ってます。近代的ですが、私は従来の手書きの方が好きだな〜。サイン時間終了の5分くらい前になるとどどど〜と選手がやってきます。しかしサイン時間が過ぎても、山岳ジャージを着るロマン・アルディと同じチームのローラン・ピションの2人が来ず。5分経って2人は来たのですが、さすがに遅いということでペナルティーとなりました。

IMG_6796.jpg

取材を受けるフィリップ・ジルベール

 

スタートして、5,3kmはパレード走行でした。その区間に今日はパンクやメカトラが多く、0卉賄世らのリアルスタートができず。遅れた選手が集団に復帰するのを待って、11時55分に正式スタートとなりました。
この日のステージはスプリンター向きですが、がっつり平地ではなく小高い丘をいくつも超えるため序盤からアップダウンがありました。だいたいチームカー後方のCOM4は、遠すぎて集団の選手が見えないのですが、この日のコースはU字になっているところが多く結構見えました。

 

序盤に6人の逃げが決まり、いつも通り集団はそこそこのんびり走行でした。途中、メカトラやトイレで遅れた選手などが近くを走って行くくらいでした。その中に、右と左で付けているゼッケンの番号が違うカチューシャの選手を発見。左が26で右が27でした。さらに自転車にはプレートが付いていなかったので、ジャッキーが直接選手に聞くと正解は27のモロコフでした。ちなみに26はトニー・マルティン。なぜ付けるときに気付かなかったのかな?他のチームカーの監督もそれを見て笑ってました。すぐさま無線でフィニッシュジャッジに連絡を入れていました。レース後この選手もペナルティーでした。

 

上りが近づくと、COM4はチームカー隊列の前の方へ移動します。上りで遅れる選手などをチェックするためで、後ろにいたらいざという時前に上がれないので、最初の峠はチームカーの5番目あたりまで上がっていきました。そして遅れた選手をチェック。パンクで遅れる選手もいて、その選手はどの位置にいるかチーフから無線が入ったりするので「今チームカー5台目にいるけど、それより後ろに位置している」と答えてました。その後詳しい位置はモト審判が伝えてました。それで、選手がCOM4を抜かす位置に来たら「何番の選手が戻ってきた」と無線を入れてました。

 

2つ目の峠(カテゴリー2)はチームカー隊列の3番目まで上がったのですが、気を抜くとチームカーに抜かれるし、道もくねくねで狭くポジションキープも大変そうでした。さらに下りでは遅れた選手が後ろから迫ってくるし、車の運転技術もそうですが、選手の動きも見ていないといけないので運転手のジェロームはかなり神経使ってました。

集団がペースアップしていたラスト20劼らいでキャノンデールのフォルモロが単独落車。チームメイト5人が待っていたけれど、なかなか集団には戻ってこれずでした。逃げていた選手が捕まったくらいにやっと追いついたものの、戻ってこれたのは3人だけ。アシスト3人は力尽きて後方でした。その後ラスト3劼って、もう一人力尽きてました。

 

最後は集団ゴールスプリントでアンドレ・グライペルが優勝したとの無線が入り、結果を知りました。
レース終了後はコミッセールたちが集まり、違反がなかったかの話し合い。ゴール2キロ手前で選手を押しのけたんじゃないかとの事で、中継を流しているフランス2の中継本部カーに行き、録画をチェック。車が狭いので私は行かずに結果を待っていると、故意じゃないからおとがめなしとなりました。

 

その後は、車に乗ってペルマナンス(本部)へ。そこでペナルティーを書き出します。ここ数日ペナルティーなしでしたが、この日は3つくらい出てたかな?その作業が終わったら終了。ホテルへ向かいます。この日は、ホテルまでの移動距離が長く、真っ暗になって到着しました。

いつも星付きのいいホテルで今夜は修道院を改装した丘の上に建つ4つ星ホテルです。フランスでこんな豪華なホテルは泊まった事がないので毎日ありがたいですが、ベッドが快適なのですぐ寝てしまってます。

IMG_6822.jpg

IMG_6830.jpg

毎晩美味しいホテルでの食事ですが、昨日は一番おいしかったです

 

今日から総合優勝争いが決まる山岳ステージ。今日はCOM3でチーフカーの後ろ、チーフのサポート役です。さてどんな出来事が起こるかな?今日も一日頑張ってきます!

| 自転車の話 | 14:52 | comments(0) | - |
コメント
コメントする