CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< マレーシアで楽しんでます | main | パリ〜ニースに合流しました >>
ツール・ド・ランカウイ終了しました

あっという間にツール・ド・ランカウイが終了しました。

COM2、3、4に乗せてもらって、車両の管理とか遅れた選手の対応とか、今まで知らなかった世界を見ることができました。

キャメロンハイランドにゴールする日には、MOTOに乗り、スプリントポイントと山岳ポイントに先まわりで行って、目取りを4人でやりました。もちろん判定ビデオの人も一緒に移動ですぐさま目取りしたのと照らし合わせて確認してました。先まわりで、先行したので3つ目のスプリントの時は、みんなでお茶休憩もあって楽しかったです。

IMG_6319.jpg
こうしてビデオセットしてスプリントを撮影


止まると暑くて汗ダラダラでしたが、バイク乗る前に菊池さんに熱中症になるから、水じゃなくてスポドリやジュース飲んだほうがいいとアドバイスをもらい準備してたので、暑さも大丈夫でした。
山岳地帯だったから、最後は比較的涼しかったし、最初のKOMでは選手が来る直前に通り雨に降られて濡れる始末。その後、最後の登りではまた晴れていたので、そこそこ乾いたけどね。

フィニッシュジャッジの日は、チーフジャッジカーにお客さんが乗っていて席がないから、ブルームワゴン(選手回収車)になりました。回収選手もおらず平和な一日でした(笑)。ただ最後ラスト5kmくらいで落車した韓国選手が凄く痛がっててもうやめるのかと思ったら、走り出して右手でハンドルも持てない状態で、左足は途中攣ってたし、満身創痍でゴールまで走りきったのが印象的でした。その選手は、翌日スタートしたけど、レース前半でリタイアでした。

最後の日はCOM2(レース先行で逃げができたらそこの管理で後ろに入る)のはずだったんですが、招待者を乗せるので私はCOM3になり、2日連続マーティンさんでした。


最終日は、なかなか大変なステージになりました。2つ目の峠で多数の選手が遅れてしまい、先頭集団は40人ほどに絞られました。そして、どんどん第1集団と第2集団の差が開いていき、5分30秒差以上開いて、このまま第2集団が周回コースに入ると先頭集団に追いつかれる可能性があるとの判断で、周回コースに入る前に第2集団を止めることになりました。


COM3は周回コースに入る前のところで車を止めて待機。マーティンさんは、車の外に出て止める準備してました。
そして、COM4(第2集団の管理)の菊池さんが先頭でやって来た第2集団をストップさせて、集団が通過するのを見送り、1分差で再スタート。
ホッとしたのもつかの間で、周回を重ねるごとに第2集団が遅いので先頭集団との差が縮まってきいて、またヤバイ〜!
それで、先頭集団の走りに影響を与えないために、第2集団を1周早くゴールさせるという措置をとりました。


いろんな指示が飛び交っていて、私の英語力では、半分くらいしか理解できなかったのが、悔やまれました。せめて、聞けるようにならないとなぁ。この日大活躍していた菊池さんも周回に入る前に止めると言うケースは初めてだったそうです。さすが菊池さんUCI国際審判だな〜って思った対応されてました。

私は以前梅丹チームでヨーロッパのレースを転戦してた時にこのようなケースは経験したことありますが、審判側の対応って瞬時の判断が必要だし、本当大変だなと思いました。

こうして、私の海外で初の審判研修が終わりました。私にとってほぼ初となるUCIレースをツール・ド・ランカウイと言うアジアの大きな大会で経験できたのは、良かったです。


毎日いろんな人にチホ、チホって言ってもらいました。最初の数日は、チンホって呼ばれてて(以前に中国人でそのような名前の人がいたらしいですが、流石にその名では呼ばれたくない!)、毎回訂正してた甲斐がありました(笑)。

私もなんとか10人くらいの名前は覚えられました。聞きなれない名前が多いのでなかなか難しかったです。

マレーシア語も毎回同部屋のベアトリスと部屋の番号を私がマレー語、ベアトリスが日本語で言い合ったりしてました。みんなの話を耳傾けて聞いて、ちょっとは語彙も増えたかな?
みんなで喋ってる時、マレー語からわざわざ英語で話してくれて、私に気を使ってくれたりして、ありがたかったです。でも、私にとっては英語でもよく分からないと言う…(笑)

とてもいい人達に囲まれて、楽しい10日間でした。

IMG_6494.jpg

毎日コミッセールシャトルで一緒に移動していたメンバーです


IMG_6564.jpg

今回のコミッセールのみんな。女子は3人だけでした

 

次は、いよいよヨーロッパデビュー。パリ〜ニースです。今度はいざという時に頼りしていた菊池さんもいないし、1人でヨーロッパ人の中でやっていかねば!唯一マーティンさんが10数年ぶりにパリ〜ニースの審判するそうなので、私の先生マーティンさんを頼りに頑張ります。
今度はフランス語なので英語よりは分かるし、質問もできるもんね!いっぱい吸収したいと思います。

 

 

| 自転車の話 | 05:47 | comments(0) | - |
コメント
コメントする