CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< くろんど池CX終わりました | main | ツール・ド・ランカウイで審判研修始まりました >>
研修で海外に行ってきます

昨年、UCIエリートナショナルの資格を取りました。 UCI国際審判になるには、2年間経験を積んで、 試験を受ける事ができるんです。それで、海外で審判研修をしたいけどどうしたらいいのか? と思い、国内のUCI国際審判さん達に聞いてみた所、 個人で主催者に連絡すればいいと教えてくれました。

私は、 てっきりJCFとかUCIが斡旋してくれると思っていたのですが 、そうじゃないんですね。

 

それで、2月末くらいなら仕事的にも休めそうだなぁと思い、 その辺りで行けそうなヨーロッパのレース主催者(女子、 U23など)にメールしました。それが12月半ばで、 年明けても返事は一向に来ず、これは無理かな?と思っていた所、 オムロープ・ ヘットニュースブラッドの女子レースの主催者から連絡がありまし た。オムロープはダメなんだけど、 4月2日のフランドルの女子レースに来ないか?との事。 2月末の他のレースから返事来ないし、 ヨーロッパ行きは3月末からにしようと、行きたいです!と返信。 気持ちは、春クラシックでした。

それで、 ヨーロッパ行くからいけないなと思っていた2月半ばにある「 ツール・ド・ランカウイ」に連絡。 マレーシア行きが決まったのが、2月頭でした。それで、 飛行機チケット取ろうと思っていたら、なんとパリ〜 ニースから連絡が!!
今回メールした中でも、唯一の大きなレースだったし、 ASOだから無理だろうと思っていたのでビックリでした。 私の好きなレースベスト3に入るほど、パリ〜 ニースは好きなので嬉しい。

 

しかし、ですなぁ〜。ツール・ド・ランカウイ終わってから、パリ〜ニースまでの日程が短い。久々にネット調べまくって、出来るだけ安くて乗り継ぎも悪くない飛行機チケットを探しました。だって、旅費は自腹だから…。

周遊にするとすぐに高くなるし、選択肢もあまりない。 怪しい中華系は安くても嫌なので、色々と考えた結果、関空〜 マレーシアの往復は、キャセイパシフィック、マレーシア〜 フランス往復はエミレーツで、帰りは時差含め3日がかりでパリ〜 ドバイ〜クアラルンプール〜香港〜 大阪の弾丸帰国便になりました( 一応クアラルンプールではホテル泊)。時差で日付が変わるので、 チケット予約するのは結構頭使いました。

行くって決めてから、航空チケット買うのは早かったんですが、それからの手続きが以外と大変でした。JCFからオフィシャルの手紙を主催者に送ってもらう必要があったり、国際ライセンス申請したり、全て登録車連経由でJCFに連絡してもらうんです。今後審判研修に行く人がいれば、その辺の手続きが必要なので、まずは登録車連への連絡お忘れなく。

 

そういうわけで、19日から旅立ちます。
ツール・ド・ランカウイのスタート地点はトレンガヌなので、20日にクアラルンプールに着いたら、マレーシア航空でトレンガヌまで。キャセイで着いてマレーシア航空に1時間半で乗り換えられるのかがちょっとヒヤヒヤですが、まぁなんとかなるでしょ。

ツール・ド・ランカウイに行くのは、9年ぶり今回で3回目。パリ〜ニースは10年ぶり、全ステージ回ったのは、3回くらいかな?あとは、初日のパリに行って、途中行かずに最終日のニースに行くというパターン入れたら、5回以上は行ってるなぁ。時の流れは早いもんですね。今まではメディアでしたが、審判としてまた違った経験ができるので楽しみです。国内でもあまり審判経験がないので、分からない事だらけですが、色々と勉強して来たいと思います。

ツール・ド・ランカウイは、 Nippo-Vini Fantiniや愛三工業レーシングチームも出場するので、 日本選手の活躍も期待したいです〜。

 

ツール・ド・ランカウイのサイト

パリ〜ニースのサイト

 

| 自転車の話 | 22:27 | comments(0) | - |
コメント
コメントする