CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< ツール・ド・おきなわ その1 | main | 2016年は驚きの年でした >>
ツール・ド・おきなわ その2

ツール・ド・おきなわの朝は早い!レース開始が6時45分で朝4時30分ホテル出発。私は朝食べてから動きたいので、3時30分に目覚ましして、パン食べてから出発。呑んだ3人は朝から元気でした(笑)。

海側に明後日が見頃のスーパームーンが沈んで行くのを見ながら、 いざ会場へ。暗闇の中、 本部は昨日ほぼ準備できてたので設置は比較的早くできました。

スタートリストがなくて、 前日もHさんがいろんな人に聞いて入手試みるもできず。 朝の審判会議で配られてたので、データ貰いに行ったのですが、 中継にテロップとして出すには時間が足りませんでした。 主催者側からスタートリストが出るのは当然だ し、前日のライセンスコントロールで出場選手確定してるから、 普通ならその後の監督会議にはスタートリストは出さないといけないんです。でも、スタート前になってもオフィシャルに公表されてないので、関係者の方に 出した方がいいと提案するもすぐには出してもらえませんでした。

そんなこんなしてたら、スタート時間。 朝日が昇る中走る選手たちはとっても綺麗でした。 今回も私はスイッチャー。ちょっと余裕があったので、 自分の携帯でアベマフレッシュの中継コメントや自分のツイッター も時々チェックしてました。 レース始まってもスタートリストがないと中継見てる人たち困って そうで、ツイートで「写真で撮って送ってくれれば… 」とあったので、その手があった!と思い、 スタートリストをもらいに行ってツイートしました。
結果的には、手元にスタートリストが残ったし(最初貰ってたのは、 バイクカメラのミュール師匠に渡してた)、 あのタイミングで動けて良かったです。

そして、中継の方はと言うと、前半の本部半島(もとぶはんとう) は実況のがらぱさんが別のカテゴリーのスタートコールをしている ので、 ミュール師匠が撮影しながら実況するということになっていました 。なので、ほぼスイッチングも必要なし。
例年なら早い段階で逃げが決まるので、そう言う展開になったら、 ワイプでレース画面を入れて、スタートシーン& がらぱさんの声をメインにする予定になっていたのですが…。

レースは予定通りに進まない。そこがライブ中継の面白さでは、あるんですけどね。 アタック合戦で全然逃げが決まらず。今度は集団容認するか? と思いきや、また吸収!が繰り返され、 気がつけばすでに本部半島から海沿いのコースへ。 がらぱさんの方に競技無線が用意されておらず情報が入ってきてな くて、レース状況はミュール師匠の実況頼みだったので、 ミュール師匠のまま行くことになりました。

中継本部は、 私を含めテロップ担当のころんさんなどバタバタで大変でした。 今回ころんさんはテロッパーで逃げた選手情報を逐一打ち込んで流 したり、前もって準備してたグーグルアース映像差し込んだり、 GPSマップ組み込んだり、色々と横でやってくれてました。 裏のスタッフも大変なんですよ。

つい最近までなかったsuzuryoシステムのGPSマップもな いと不便でなりません。あれあると、 バイクの位置が分かるので固定カメラに来るタイミングが大体分か って、スイッチングしやすいんです。特に今回のようなラインレースはあれないと無理!!
今回は固定カメラに行くタイミングさえ、 チェックしていれば良かったので、 比較的スイッチングは楽に感じました。

2回目の与那の入り口(お墓カーブ)の固定カメラに 思ったより早く先頭が来てて、私としてはやってもた〜 な切り替えのタイミングになってしまいました。あそこはジュニアの選手の通過も被ってて、 モニターでの識別難しいポイントでした。

「後ろの集団がみたい」みたいなコメントもあったけど、 タイム差が開きすぎててバイクを後ろに下げると1台しかないから 前に何かあった時にすぐに追いつけないので、 いいタイミングを計ってました。
2分差くらいになったので、 バイク隊に後ろに下がって欲しいとリクエストしたら、 後ろの集団待ちをしてくれました。
それで、集団の方にバイクカメラが行って、 メンバーをバーっと映してたら、増田選手が手を振ってくれて、「 こりゃ調子良さそう」って思ったんですよね。
増田選手はライブ中継をしているの知ってたから、 アピールしてくれたそうです。

結果的にはあのシーンがあって良かったです! 集団はもうちょっと人数いるかと思ってたら、 意外と少なくなってました。
そのあと、電波が悪くなってよく展開が分からず。
ちゃんと電波入る所に来たら、 逃げてた安原選手を集団の中に発見!それが先頭グループかと思ったら、バイクがスピードを上げていく〜。がらぱさんとこれはまだ先に選手いるねって話をして、先頭グループ発見!こうしてバイクのHさんがいい動きしてくれたおかげで、なんとなくレース状況が分かりました。

 

今回すぐ横にがらぱさんがいたので、情報が共有できてすぐにアナウンスしてもらえたので、すごくいい中継環境でした。

実況のがらぱさん。いろんなカテゴリーのレース無線が並べられ、それぞれのレースの状況を把握してて凄い!あとグーグルアースを流した時の解説、一発本番下見なしでぴったり説明していたのには、本部メンバー一同拍手喝采でした。

 

そして先頭グループから増田選手がアタックするシーンもとらえて、独走になった増田選手がいよいよゴールへ。独走といえども、ゴール前のスイッチングは緊張します。フィニッシュ前に3か所カメラを配置していたので、バイクカメラの映像見ながら最初の固定カメラに映ったのを確認して、次の固定カメラで待ってそっちに来るかな?と思ったら、フィニッシュで待ち構えてたみやっちカメラがズームで捉えてる!いや〜こりゃ参った。固定カメラに映るまで待つか悩む??それでBJさんに聞いてみたら、フィニッシュでいいんじゃない?とのアドバイスですぐにみやっちカメラにスイッチング。ズームで増田選手を捉えてゴールに入ってくるシーンは、かげろうも出ていていい感じになりました。フィニッシュのみやっち、ありがと!というのも、みやっちスタートもフィニッシュもレース中ほぼずっと逃げの絵としてカメラ構えていたのに、使われなかったんですよね。最後に見事やってくれました。

 

移動固定カメラ隊のハンスケさんも高田さん&中川さんもいい働きしてくれてました。バイク隊2人、固定カメラ4人、本部3人全員で9人の少人数で210劼離薀ぅ鵐譟璽垢鯡技ライブ配信できました。今年のロードレースの締めくくりにふさわしいレース中継&内容だったので、本当に良かったです。

IMG_5398.jpg

優勝した増田選手、おめでとう!勝つシーンが中継できて良かったよ〜

 

そして210劼離薀ぅ崔羞僂靴討澆董▲薀ぅ鵐譟璽垢鰐滅鬚い辰討海箸函△海譴世韻竜離交通規制してレースをやってくれている沖縄のすごさをしみじみ感じました。沖縄北部の方々の協力あってのツール・ド・おきなわ、今後も長く続けていってもらいたいです。こうして、ライブ中継することでいい景色や自転車レースの面白さが伝わり、もっと日本でラインレースをしてくれる場所が増えるといいのにな〜と思います。

 

今回のツール・ド・おきなわ見逃した方は、ぜひこちら録画映像で見てみてください→ https://abemafresh.tv/cycling/55055

ツール・ド・沖縄の裏話はくりらじバイシクルニュースで話してます。

 

とりあえず、今年のライブ中継はこれにて終了。ロードレースシーズンも終わりです。私は今週末からシクロクロスシーズン開始。審判、頑張ります。

 

【おまけ】

レース終わった後、ハンスケさんと一緒に海と橋の景色が素晴らしいという古宇利島へ行ってきました。でも、なんか思っていた海の色ではなく…。夕日もあまり見えず。

IMG_5432.jpg

 

でも、海はすごく透明でフグVSカニの戦いが見れたのが面白かったです。

IMG_5414.jpg

IMG_5421.jpg

この後フグがカニをパクリ!フグの勝利でした。分かるかな?

 

サーターアンダギーアイス、食べました。

IMG_5443.jpg

アイスは塩ちんすこうでおいしかったよ

 

翌日の月曜日、ころんさんを空港まで見送り、ハンスケさんとみやっちと3人でまずは首里城へ。

IMG_5456.jpg

有名な首里城の門はこの門?なんか思っていたのと違う〜

 

急遽行く場所調べてホテルにあったガイドブックで見つけた万座毛へ。

IMG_5460.jpg

透き通った海でこれぞ沖縄!行って良かった〜

 

さらに調べて近くのアポガマってところへ。

IMG_5481.jpg

ちょうど大潮で結構海側まで行けました。岩の隙間が鳥みたい〜


ミュール師匠のお店にも行ってきたよ!

でも、"ピンポンダッシュ"ならぬ"写真撮ってダッシュ"で帰りました。

だからミュール師匠とは話もせず…。長くなるしね〜(笑)

 

最後にみやっちが調べてたタコス屋さんへ。見た目はパリパリのタコスかと思いきや、食べるとパリもち〜なんです。今まで食べたことのないタコスの食感でした。

IMG_5502.jpg

美味しかった!ハンスケさんは2皿食べてたよ

 

こうして最終日も沖縄を満喫し、ぎりぎりで飛行機に乗り込んだのでした。

 

| 自転車の話 | 06:15 | comments(0) | - |
コメント
コメントする