CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< エリートナショナルコミッセールになりました | main | ツール・ド・おきなわ その1 >>
日本初、世界初?グラベルクリテリウム開催!

9月25日、ゆずの里向山グラベルクリテリウムを開催しました。

京都の美山向山で何かイベントができないか?と相談されたマッサエンタープライズの社長、三船雅彦。向山に行ったところ、このコースでレースをすれば面白いんじゃないか?という事で、田んぼのあぜ道を使ったグラベルクリテリウムの開催が決まりました。

グラベルは未舗装という意味で、海外のレースだとトロブロレオンというのが、それに近いかな?
海外は普通の100km以上走るロードレースの中に何カ所か組み込まれてますが、日本ではなかなか長距離ロードレースができない環境なので、グラベルのクリテリウムという事になりました。

マッサエンタープライズでレースを主催するのは、昨年のくろんど池シクロクロスに続き2度目。
もう私もレース主催の大体の流れは掴んだもんね〜と思っていたのですが、今回の難関は道路許可申請。
向山地区に行くには橋を渡らなければならず、橋を渡ればその地区しかない比較的クローズドな土地なので、道路許可もすぐ申請できると思ったのですが、地図上では道があるからそこの警備もしないといけないとか、レーススケジュールもこれじゃダメだとか、安全対策はどうなっているのかなど色々ダメだしされてその度に書類書き換えて大変。こんな一地区のレースの道路許可取るだけでこれほどの労力かかるなら、いろんな町を走る100kmくらいのレース開催なんてどんだけ大変なんだろうって思いました。

道路許可はなかなか苦戦したのですが、向山の地元の方々は協力的で、コースの整備や草刈り、トイレの設置など色々準備してくれました。

私は主にレース進行&企画その他いろいろ担当。駐車料金を徴収する方向で話が進んだので、自分ならどうしたら快く支払えるかな?って事を考えてたら、抽選チケット渡すのはどうかな?と思い、三船さんに提案したらOKが出ました。

アンケートはやりたかったので、アンケートで抽選チケット1枚。
参加人数が130人だったので、駐車場のチケットは100枚、アンケートは多めに作って130枚くらいだろうと予測。
それで、エレコムさんのチケット用紙を取り寄せて、抽選チケットを自作で作りました。こうして提案すればするほど自分の仕事が増えるだけです(笑)。

しかし、気がついたら抽選の賞品があまりない…。大会数週間前に三船さんをスポンサーしてくださっているスポンサー企業に、すみません、協賛品お願いします!と頼んだところ数社がすぐに動いてくれて、たくさんの抽選豪華賞品が集まりました。本当にありがとうございます。

1回目の抽選会賞品。豪華な品々いっぱいです。


レース主催する時に私が絶対やりたいとこだわる事がいくつかあって、今回こだわったのは会場のアナウンスでした。小さいレースでは、レース実況と表彰式を1人のMCが掛け持ちしてて、表彰式をやっている時には違うカテゴリーのレースが始まっているので、表彰式のMCをしてると観戦してる人はレースの状況がよく分からない。そして、表彰式が終わって気がついたらゴールって事も。今回距離も短いし、そういう事もあるだろうと想定しました。なによりMCがレース展開分かってないとそれを聞く方も楽しくないしね。

だから、今回MCで頼んだCHOCOさんには、レースアナウンスに専念してもらおうと思ったのです。では、表彰式の進行は誰がやるのか?もう一人MC呼ぶほどの予算はないし…。って事で、言い出しっぺの私がやる事に。こうして、仕事が増えていく〜。

だから、少々グダグダな表彰式になってしまいすみませんでした。今回、プレゼンターとしてちゃりん娘の秋山さんが来てくれて、色々お手伝いしてくれたので、大変ありがたかったです。

賞品など準備して、マイクで喋り、写真も撮影。我ながら色々やりすぎ…

 

でも、こうしたのでCHOCOさんもずっとレース展開分かってたし、途中のトラブルのアナウンスとか(先頭走ってた人だったりして、波乱な展開も…)、誰が先頭でどんなレース展開かより分かりやすいアナウンスだったと思います。

表彰式でインタビューする私がどんなレースだったのかよく分からなくて突っ込めなかったのは、次回の課題だなぁ。え?またするのか!?

秋山さんがウーマンのレース出場中、向山区長の梅津さんにプレゼンターしてもらいました!


向山の地元の方々は、食べ物ブースを出してくれたのですが、全て完売。もし売れ残ったりしたらどうしようって、不安だったんですが、参加者の方々にも好評でした。


私もゆずカレー食べました!ゆずの香りがして美味しかったですよ。
ただ心残りなのが、向山焼きを食べそびれた事。みんなが美味しい、美味しいって食べてて私も食べようと思った時にはもう完売してて、食べられなかった!
向山焼きがどんなものかは、向山に来てみてください〜。関西シクロクロスの時に、また販売してくれるのかな?

ゆずパウダー&ゆずジャムが入ったゆずカレー。お漬物も向山で漬けたものです。


コースもほぼ全体見渡せるし、景色も綺麗だし、アットホームな感じで良かったとのご意見もあり、来てくれた方達は楽しんでくれたようです。

 

お昼とレース後にやった抽選会も盛り上がってました。

レース終了後に2回目の抽選会。抽選会最後の賞品はCASIOのデジカメ!


駐車場やコース設定、カテゴリーなどやってみての改善点も分かったので、次回はさらに楽しめるレースにしたいです。
マッサエンタープライズが主催するレースなら、参加して面白い、来て見て楽しいと皆んなに喜んでもらえるように今後も色々改善していきたいと思います。

そして、地元の方々にもメリットがあって、スポンサーしてくださる企業様にもまたスポンサーしよう!って思ってもらえるレースにどんどん広がっていく事を願いたいです。

「新発売 日本のグラベルロードに」Panaracerのグラベルキングですよ


とりあえず、次にマッサエンタープライズで主催する1月22日開催のくろんど池CXにむけて、準備始めたいと思います!次のくろんど池でも、また新たなChihoのこだわりあるんですよ。何をするか乞うご期待!って、今考えてるのは期待するほどのもんでもないかな?
 

| 自転車の話 | 09:25 | comments(0) | - |
コメント
コメントする