CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< バイク2台でのTOJライブ中継 その1 | main | バイク2台でのTOJライブ中継 その3 >>
バイク2台でのTOJライブ中継 その2
京都ステージを終えて、美濃へ。美濃は毎年ケーブルテレビさんと共同でやるので、スイッチャーとゴールカメラその他の定点はケーブルテレビさんがやり、ロックオンはバイク映像と山岳の固定カメラを提供して、本部はバイクカメラに指示を出す役割でした。今年はバイクカメラが2台入るので、私はケーブルテレビさんにどっちのバイク映像を使った方がいいとかサポートさせていただく事になってました。
前日の下見は、京都からの到着が遅くなり一応山岳の電波状況だけ確認に行きました。だけど、日が暮れて真っ暗でよく分からず(笑)。比較的昨年に比べて電波は良くなっている感じがしました。昨年はレース当日に電波状況が悪くなって、山岳もバイクからの映像も一切出せず。くりらじ中継班が流すべき画が全くでなくて、ケーブルテレビさんの固定を繋ぎ何とか中継ができたものの、すごく迷惑をかけてしまったのです。昨年の原因は現地のネット回線じゃないかな〜って事で、今年はケーブルテレビさんの働きで電波回線も良くしてもらったとの事。昨年のリベンジも兼ねて、このステージはなんとしてもきちんと流したいと思っていました。

当日は快晴の中継日和。美濃のケーブルテレビさんは、中継カーでスイッチャーをしているため、私は窓から覗き込んで見ていようかと思っていたら、担当の橋本さんが「車の中に入って真ん中に座ってください」って言ってくれました。TV中継車の中に入れてもらえるなんて感激〜。
朝のセレモニー映像はケーブルテレビさんのカメラなので、中継車はパタパタ忙しそうだったし、切れる心配もないだろうと余裕で遠目から見てました。


ケーブルテレビさんの中継車
 
セレモニーが終わる頃に中継車に入れてもらうとたくさんのモニター画面。ロックオンの中継車とは全然違いました(笑)。全地点のカメラがモニターで見られたので、とりあえずパレードはバイクの1カメ、2カメをうまく使ってもらい映像を流しました。バイクへの指示だしは今回北澤さん。バイクはミュール師匠とSさん、ハンスケさんとAさんでした。きれいな画質のパレード走行映像にケーブルテレビのスタッフさんも大喜び!「こんなに選手に近づいていいの?」と驚いてました。そして、私は「このしゃもじみたいなのがひっくり返るとリアルスタート開始ですよ」なんて説明しつつ、リアルスタート!
 
アタックシーンに沸き立つケーブルテレビのスタッフさん。「次これです〜」とかレース展開説明しながら言っていたら、ケーブルテレビのスタッフさんも分かって来て、「ここの定点で逃げとの差を見せましょう!」とか「このあとは集団映像でしょ」とか、すっかり自転車レースにはまって楽しそうでした。私も一緒に楽しんで見てました。

今まで定点の方がきれいな映像だったのに、今年はゴール以外のケーブルさんの定点カメラの方が画質が悪くて、その違いにみんなびっくりでした。でも、定点にはプロのカメラマンがついているので、定点が来たらちょっとでも定点カメラに切り替えて、映像を流してました。きれいな長良川の風景に「いまあそこだ」ってすぐに分かるバイク映像。キラキラ新緑と透き通った川が本当きれいな映像。きれすぎる映像が出続けて、途中からは電波の心配なんてすっかり忘れてました。AbemaTV FRESH!の方は途中回線が切れたみたいですが、ケーブルテレビでは完璧に映ってました。 
 
ケーブルテレビさんからの要望でバイクの音を中継に流したいとの事だったので、この日はカメラからの音が入ってました。風きり音も入っていってましたが、応援する子供たちの声援も入っていて、臨場感もバッチリ。この日は、アリーさんの実況が出てない場面が多く、無音が多かったんですが、現地音がうまい具合に入ってたので放送事故にならなくて良かったです。あとでアリーさんに聞いたら、休憩してたわけじゃなくて、広場のイベントの方でアナウンスをしていたとの事。アリーさんもあちこち掛け持ちで大変なんですね。
 
この日、私は中継車に乗せてもらってとってもいい勉強になりました。私の左にはスイッチャーさん、右には音声さんがいて、スイッチャーさんがテロップ出し&定点への連絡をし、カウントダウンしてからスイッチングするんです。そうすると音声さんが、そのカメラの音声に切り替える。まあ、プロの方にしては常識なんでしょうけど、素人スイッチャーの私は京都ステージでカウントなんて全くしてなくて、好き勝手にバイク班だけに指示を出して画像を切り替えてたから、こうやってすればいいんだ〜って勉強になりました。やっぱりプロのお仕事は違いますね。

中継車の中、音声さん側
 
レース展開は逃げと集団だったし、テロップが『バイク映像』って言うのしかなかったので、あまりコロコロ切り替えてたら逃げか集団かよく分からなくなるなと思ったので、ある程度ワンパターンでやっていきました。「マラソンの中継と同じ」って言ってましたが、自転車レースの場合、逃げてもほぼ最後は集団に追いつかれてしまいます。だから、どのチームがどう動いているかが重要になって、集団の様子を定期的に見せない面白くありません。自転車レースを知らない方はやっぱり先頭を長く使う傾向があるな〜と思ったので、その辺り時々アドバイスして、集団の画を長めに使ってもらいました。ケーブルテレビさんのスタッフも見ながら楽しんでて、大盛り上がりでした。
 
そして、「逃げが追いつかれますよ〜」って、その時を待ち構えていました。下りで集団一つになり来るぞ来るぞ〜って、橋を渡って直線へ。バイクはゴール前に別のルートに行くので、そこまでバイク映像で粘ってくださいってお願いしていたら、ぎりぎりまでバイク映像を使ってくれて、いいタイミングでゴールカメラにスイッチング。ゴールの方もバッチリで中継車では大拍手!完璧にきれいな映像でこれぞ自転車レースってシーンが出せて、去年のリベンジも果たせて本当に良かった〜!やっときれいな画質でライブ中継が成功した〜と思えた瞬間だったので、ちょっとうるりときちゃいました。

ただ映像的にはばっちりでしたが、逃げてたのは海外選手だったし、勝ったのも海外選手。レース展開的にはどうなんだ?ってちょっと心はすっきりしない感じでしたけど…。

■AbemaTV FRESH!美濃ステージ→ https://abemafresh.tv/cycling/12643

美濃が終わるとすぐさまいなべに移動。いなべは去年からTOJに入ったステージなので、今回2回目。今年はHDになるので電波調査をするためバイク班も一緒に下見へ行きました。この日は暑くて、明日もきっと暑いだろうから暑さ対策しないと!って話をしてました。
前日の色々チェック

翌日、スタート地点に行くと前日とは打って変わって風が強い。そして寒い〜。いなべは、業者さんが来てFREE WIFIの実証実験もしていました。レース会場でFREE WIFI飛んでるとありがたいですよね。特に今年はAbemaTV FRESH!を見ながらレース観戦できたし。FREE WIFI、使われた人はどれくらいいたのかな?
 
寒すぎてカッパ着ながら、ロックオン中継車の中で私はこの日もスイッチャー。この日はゴールとKOM、ツ廠僖ーブ、ドローンの4ヶ所の定点カメラとバイク2台でした。モニターのチャンネル1,2はバイク、チャンネル3にちょうど場所的に反対側になるKOMとドローン、チャンネル4に直角カーブとゴールのカメラが出るようにセッティングしてました。

レースが始まると京都ステージの時に比べてちょっと余裕。カウントを入れてスイッチャーしたので、横のテロップ係のタロケンさんもテロップ出しがスムーズでした。本部(中継車)のタロケンさん、あきさん、私の3人は和やかな雰囲気でした。ちなみに、あきさんは音声担当&定点スタッフへZELLOでの指示だし係です。

3周目くらいで、直角カーブにいたカメラが観客の方をズームしたので、何かな?って思ったら、ジャック・スパロウがいて、本部大爆笑!前日美濃でケーブルカメラさんがゴールカメラさんと遊びを入れながら、カメラワークしてたのを見ていたので、私もやってみたい!と思って、バイク映像からジャック・スパロウのアップに切り替えて、ゆっくりふってコース見せて集団通過〜って言うのをやりたかったんですが、ZELLOで指示出すと時差があるのでうまく行かず。仕方がないので、集団とか通ってからジャック・スパロウへってカメラワークになってしまいました。まあ、そんな余裕もあるくらい前半は和んでました。

ただこの日は逃げと集団の差が開きすぎて、正反対の位置にチャンネル付けしてたカメラがバッティング。集団通過したら、もう同じチャンネルカメラに逃げグループが!って事になって、ZELLOでの指示出しも大変そうでした。でもこの日逃げグループに佐野選手がいたのでスイッチングも楽しかったです。

レース途中にバイクカメラはバッテリー交換をするんですが、ちょうど半分の地点で1カメのバッテリー替えて、そのあと2カメが交換。その間は定点切り替えたり、一つのバイク映像流したりで繋いでました。ちょうど山岳を集団が越えて1カメに替えようとしたらトラぶってて、2カメはバッテリー交換中。画がない!!って、あわててジャック・スパロウさんがいる直角コーナーへ。こういうトラブル時はフィニッシュ地点を映すのがいいんですが、直角カーブとフィニッシュが同じモニターチャンネルだったので、替えられず。スパロウさんで繋いでもらいました。スパロウさんありがとう!ツールでは悪魔おじさん、TOJではスパロウさん!ってなるくらいTOJ名物になって欲しいな〜。

ジャック・スパロウさん、ありがとう
 
その後、トラブルでバイクカメラは1つしか出せず。バイク1台体制だとやっぱり先頭かな?ってことで先頭にバイクが付いて、集団は固定カメラで見せると言う形になり、後半は先頭多めの映像になってしまいました。後ろの集団の動きが見たい〜と言うのは私も同じ気持ちでしたが、本部も色々あるんです〜。逃げていた佐野選手は遅れ、前は海外選手だけだったので、映像的にも集団が逃げに追いついてくれ〜と心の中で祈っていたのですがそういう展開にはならず。逃げ切りゴールでした。ゴールカメラは去年も手伝ってくれた池田さん。カメラワークが上手なのでズームから引きのどんぴしゃタイミングで、安心してゴールカメラを任せられました。この日もトラブルあったけど、何とかライブ中継的に無事終えることができてホッと一安心でした
 
この日は、前半私が楽しんじゃってて後半は私がてんぱってしまったので、バイクに指示だしがうまくできてなかったようで、「もっと頻繁に言ってくれないと分からない〜」って言われてしまいました。確かに、ZELLOで定点に指示出してたの聞いてたから、定点カメラ使ってるってバイク班に言うの忘れてたかも?あと、スイッチングのタイミングがバイクが厳しい時にされる〜って。申し訳ないです。この日はテロップ出しのタロケンさんとはタイミングバッチリ〜だったんだけど、バイク班とは心通じてなかったようで…。日々精進です。
 
■AbemaTV FRESH!いなべステージ→ https://abemafresh.tv/cycling/12646
今年のパンフレットは弱虫ペダル

その3に続く…
| 自転車の話 | 00:53 | comments(0) | - |
コメント
コメントする