CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< TOJもいいけど、木祖村もね | main | バイク2台でのTOJライブ中継 その2 >>
バイク2台でのTOJライブ中継 その1
ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)が無事終了しました。今年は連日、色々ありすぎてつい1週間前の事だと思えないくらい濃厚な日々でした。昨年まではくりらじだったのですが今年からはBJさんが設立した会社『ロックオン』としてのライブ中継。主要メンバーは変わらず、助っ人リスナーさんも少々増えて毎日10人以上で移動してました。
今年も私はスイッチャー担当でした。去年はいなべ、美濃、南信州、富士山ステージの計4ステージでTOJ中継し、これらのステージでスイッチャーも経験済み。しかし、今年は全ステージ&ライブ中継バイク2台という日本では初の試みでした。初日は堺ステージでしたが、タイムトライアルだったしバイクも出ず。私は『2days race in 木祖村』の方に行っていたので第2ステージ京都の前日の宿に合流でした。京都はTOJ初ステージだったので、コースもよく分からず不安でいっぱいでした。前日にミーティングとかはなく、朝現地集合。固定中継班メンバーが車でコース試走に行くと言うので現地に着くなりすぐ乗り、コースを1周しました。しかし、まとまりがなくスタッフ6人車4台という非効率的な下見試走だったため、1周して帰ってきたらもう中継時間間近!その日のスタッフメンバー紹介もなく、ネット回線がうまくいかずライブ中継10分前までバタバタ。ぎりぎりセーフで何とか中継が始まりました。

ロックオンがHD画質で行う場合スイッチャー用のPCには、4つの画面が映し出されるんです。上にあるチャンネル1と2はバイク1と2、下のチャンネル3と4には固定カメラ映像が出て、私はその4画面の1つをチョイスしてライブ中継に流す役割でした。音声は会場のアナウンス音で、テロップはタロケンさん。テロップを出す機械もいいものになったので、すぐ横でテロップを作ってくれて映像に差し込んでくれてました。
スイッチャーの役割は、映像のチョイスとバイクカメラマンへの指示。今どの映像がでているかを伝えないとバイクカメラマンはホッと一息もできないし、使われている時にだら〜んとしちゃったら放送事故になってしまうので、状況伝達が重要なんです。昨年はその伝達手段にZelloと言うトランシーバーのアプリを使っていたのですが、ちょっとした時差があってバイクへの指示だしには致命的で使えない時もありました。それで、今回はバイクライダーのAさんがIP無線機と言うのを調達して来てくれ、本部1機、バイク2機、さらに2機の計5機のIP無線が使えました。京都ステージは、バイク2台と定点はゴール、KOM、ドローン、水鳥、最後のカーブ5ヶ所の計7つ。IP無線機は、ゴールと水鳥に渡し、KOMとドローン、最後のカーブの固定には、Zelloを使っての指示だしでした。この日のバイク班は、ミュール師匠&Sさんと北澤さん&Aさん。

レースの前のパレード走行を流して欲しいとの要望だったので、パレードから流したのですが、PCのモニターのチャンネル1に定点カメラ映像が出てきて、前方バイクカメラの映像が流れてこない!そうこうしてたら、ドローンがスタンバイしていた同志社大学の中を走っているし、急いでドローン映像に切り替え!いや〜難しい…。
あたふた状態でパレードが終わり、スタートまで時間があったのでやっと落ち着きを戻せました。会場音しか中継に流れなかったので、アナウンスのアリーさんが喋ってくれないと無音状態。音声トラブルじゃないんだよ〜とやきもきしながら、今回ライブ中継配信をしているAbemaTV FRESH!のコメントを見ていました。

レースが始まると4人の逃げができ、小石選手、安原選手、大久保選手の日本勢が入ってました。日本人がいるので逃げグループの画をメインで、固定では集団との差を見せてって感じでした。京都だから、電波が良いかと思いきや、コースの2〜3ヶ所で電波が弱くてちゃんと映らない所があるんです。その場所の把握とその時の映像をどうするか?は、ある意味スイッチャーの腕の見せ所なんですが、なにせ今シーズン初のスイッチャーだったもんで感覚が掴めず。私自身がコース認知不足のため、最初の何周かは水鳥地点をスキップしてしまって定点カメラ映像が出せず。指示だしで、「カメ1」「カメ2」と言っていたので、「カメしか聞こえない!番号から言って」とレース途中にご忠告あり。その後は1カメ、2カメと言うように気をつけてました。バイクが2台あるから逃げだけじゃなくて、集団の映像も見せられるし、 いや〜スイッチャするのがすごく楽しい。

この日バタバタしてたので朝ごはんもまともに食べてなくて、目の前に買って来てもらったサンドイッチがあったけど、とても固形物を口に入れる余裕はなく…(それでも後半2,3口食べたけど(笑))。中継班もジェル補給じゃないといけないな〜なんて思いながらやってました。バイク班から逃げていた小石選手が落車との情報が入るも、実況のアリーさんに伝えるすべがなくやきもきしたり、実況で説明している時にはその画から変えないようにしたり、中盤まではアナウンスの声が聞こえていたのですが、終盤になるとスイッチャー画面に集中しすぎたのか全くアリーさんの声が耳に入ってこなくなってしまいました。

ゴールが近づき、逃げていたプジョル選手が捕まり集団スプリントが濃厚になってバイクカメラ映像で流してたら、ゴール前でバイクが停止。何があったのかよく分からず後方バイクに切り替えるタイミングが遅くなり、その後最後のカーブ定点に切り替え、さらにゴール地点カメラへ。先頭の選手がゴールに入りゴールシーンはうまく出せた〜と思ったのもつかの間、パラパラ画像になって映らない。それを見たアリーさんがフォローのアナウンスをうまく入れてくれました。別のカメラに切り替えて、CM流したらPCが落ちました。ふ〜ぅ、ぎりぎり。

この日は助っ人にまんまさん夫婦が来てくれていて、まんまさんに急遽定点カメラをお願いし、最後のカーブでスタンバイしてもらっていたので、逃げ映像に使えて良かったです。まんまママさんには、ゴールカメラのサポートで入ってもらいました。あと2〜3人助っ人さんがいたのですが、まともに挨拶もできず名前も顔もよく分からずお別れした方も…(笑)。京都ステージでお手伝いしてくれた方々、ありがとうございました。

表彰式を見るために観客の方々が集まっていて、平日だったのにすごい人で驚き!TOJの京都ステージの人気の高さを中継バスから見てました。来年もぜひやってもらいたいです。

rockonの中継バス(レンタル)


表彰式に集まる人々。月曜日なのに大勢の方が来てました

京都が終わったら、すぐに美濃へ移動。美濃の話はその2へ続く…かな?

■AbemaTV FRESH! 京都ステージ → https://abemafresh.tv/cycling/12633

 
| 自転車の話 | 23:58 | comments(0) | - |
コメント
コメントする