CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< 色々楽しめた今年の全日本シクロクロス選手権 | main | 2015年はチャレンジ年 >>
初めてのレース主催
23日にXmas Cross in くろんど池が、開催されました。参加された方、観に来られた方、協賛企業各社様、役員の方をはじめ色々とお手伝いしていただいた方々、ありがとうございました。
今年はこのレースをマッサエンタープライズで行うことになり、7月頃から私はちまちまと準備を始めてました。まず最初に取り掛かったのは、ホームページ。最近facebook利用でHPがないレースもありますが、あれは良くないと個人的に思っていて、一目で情報が分かって見やすく、きちんとスポンサーバナーもつけられるHPを作りました。
独学なのでそこそこ苦労しながらも、まぁ見られるHPになったかな?と思います。近頃はみんなPCじゃなくてスマホでHPを見るので、スマホで見た場合の見え方も気にしつつ。
ロゴも三船さんの意見聞いて作りました。もうちょいかっこいいロゴが良かったけど、誰かに頼む費用もなく、HP公開まで時間もなく、あんな感じになりました。

このレースの事務局は、大会ディレクターの三船さんとスポンサーさんなどの交渉&SNS担当が1人、そして私の総勢3人なんです
9月1日からエントリー開始予定だったので、8月下旬からスポンサーさん集めを始めるもなかなか反応が薄くて…。今までくろんど池は、関西シクロクロスとして開催してたし、今回突然ブース出店や協賛依頼だとやっぱり難しいのかな〜と不安でした。
そして、9月1日から開始予定だったエントリーがゴタゴタして開始できず。始まる、始まる詐欺状態。初っ端から、なかなかうまいこと行かずでした。

スポンサーさん達が集まりだしたのは、10月半ばくらいから。ロゴもこちらで加工できるものは、勝手に加工して掲載できる形にしてました。それで、11月すぎにやっとHPもそれらしい形になりました。
ただ、SNS系のフォローも、HPのアクセスもそんなに伸びず、エントリーもぼちぼちで、自転車系のサイトにこのレースの告知をしてもらうもなかなか反応が現れずでした。関西シクロクロスの一戦と思われてた方やただのイベントレースだと思ってる方もいらしたようです。実際には、関西シクロクロスシリーズからは外れたものの、AJOCCシリーズのランキング対象レースでした。やきもきしつつも11月半ばには、下のカテゴリーのエントリーは埋まり、11月末の締め切りの時にはそこそこな人数になって、一安心。

12月からは、毎日怒涛の日々。出場人数決まったので、まずはゼッケンの発注をしたかったのですが昇格情報がなく、発注できる期限ギリギリまで伸ばしてもらいました。

Xmas Cross in くろんど池のゼッケン

協賛品も確定し、これならアンケートできそうだなぁと観客の人も楽しめるようにアンケートを実施することにしました。関西人の私としては、アンケートするならなんかちょーだいと思うので、ここはハズレなしでやる事にしました。そして、できるだけ簡単な質問にしました。
ただこのレースの最大の難点は、人を集めたいけど集まりすぎても駐車場のキャパが足りないと言うなんとも矛盾した環境なんです。人をぎょーさん呼べばええもんちゃうねん!と言うなかなかの難しさ。

マーシャル(立哨:コースにいて監視する人)は、今回うちのチームmm.comと泥んこプロレスさんにお願いしました。ほとんどみんな選手兼任なので、どこの時間帯でレースに出てるのかスケジュール表を作り、時間による配置位置も決め、重要ポイントは必ずマーシャルがいるよう考えました。一応、みんなのお昼休みも考慮して、これがなかなか大変でした。

役員さんは関西シクロクロスで集めていただいて、計19人。通常の関西シクロクロスの方法とは違い、スタート並びや仮装などのエキシビションレースがちょっと大変だったと思います。

まぁ、そんなこんなで開催の1週間前くらいはやる事ありすぎてストレスもピーク、毎朝会社に行くたび三船さんにぐちってました(笑)。

そして、レース前日は朝からコース設営。平日の火曜日だったため、お仕事休んで来てくれた人たちもいて、計9人で2.2kmのコースを作りました。もちろん三船さん主導のもと、安全かつ面白いコースを作っていきました。
IMG_2331.jpg
みんなで池の回りを1周しながら、コースを作っていきます

IMG_2334.jpg
杭を打っていきます

去年はコースを作って終わりだったけど、今年はのぼりやバナーを立てないといけなくて、どこに設置するべきか悩みました。その頃には日も暮れ、大半のバナーは翌日張ることに。
IMG_2344.jpg
テープを張ったらコースになります!

そしていよいよ大会当日。夜が明ける前に会場に到着。 マーシャルは7時半集合。役員さんは7時45分集合で、説明とか考えて時間差にしていたのですが、結局うわぁ〜ってみんな一緒になって、さらに受付用のゼッケン準備とか、今までコツコツやってきた仕事が、ここになって担当が私だけだったので、わーっと全部朝の時間に集中してパニックでした。こうなるとは、予想外!mm.comメンバーは、何回かここのコースでマーシャルをやっているし、泥プロさん達も桂川でマーシャルしてるので、皆さん各々必要なもの持って配置位置に行ってくれました。

受付の人に伝えなきゃいけない事やスタートくじ引きのやり方とか色んな人に説明もしなきゃいけなくて、本当大変でした。バタバタでしたが、皆さん各自動いてくださり、定刻通りに無事大会スタート。

私は最初のレースはスプリント賞通過のチェックに行ってました。接戦でゼッケン見えなかったらどうしよう?と思ったのですが、意外とばらけて来てたのでゼッケン番号判別は分かりやすかったです。

その後は、スプリント賞チェックの担当者に交代して、私は表彰式の方へ。今回C1とCM1の上位3人とスプリント賞に賞金が出るので、そちらの準備しに行きました。賞品も各カテゴリーで渡すものが違うのですが、前日賞品分けした時に手伝ってくれた人がこの日も手伝ってくれる事になったので、大変助かりました。あれが私だけだったら、さらにてんてこ舞いになってたなぁ。
IMG_2371.jpg
C3の表彰式。賞品を持って記念撮影!

そして、お昼にはどうなるか未知だったエキシビションレースSSと仮装がありました。どんなレースになるんだろうか?と見に行ったら、スタートがルマン方式だったので、自転車は別の場所においていて、最初はジョギングで自転車置き場まで。

仮装のスタート前

思いのほか盛り上がっていて、参加した方々も仮装ながら本気でレース走っているし、観てる大人も子供も楽しんでくれていて良かったです。

泣きながら走ってる〜(笑)

こっちばかりがメインになってはいけないんですが、話題的には良かったかな?くろんど池に現れたカオナシさんも良かったです。

みんなの注目の的でした

エキシビションの前に、小学生たちのレースがあったんですが、仮装な人たちが応援してて、その光景も面白かったです。

ひそかにカオナシさんもいます


仮装な人たち大集合!


そして、メインのC1レース。スタートからトップに立った沢田時選手、やっぱり全日本U23で日本チャンピオンになっただけあって、安定の走りでした。

最初からトップを走った沢田選手

昨年 優勝した小橋君は後方からスタートでしたが、ゴボウ抜きで一気に2位まで浮上。昨年みたいに優勝か?と思ったのですが、後数秒の沢田選手との差が詰められず。後半は遅れてしまい、2位でした。

今年は2位だった小橋選手

ノリにのってた沢田選手、この後世界選手権の日本代表にも選ばれたし、今年の世界選手権が楽しみです。観に来られた方もC1のレースのスピードの速さに驚いてました。

C1の表彰式

そうそう、アンケートも皆さんにお答えいただきました。多い時は行列ができていて、ありがたかったです。キッズ自転車のあたりくじを見事引き当てた方もいたし、沢田時選手のサイン入りアンカータオルも当ててもらえたし、半分くらいはいいもの渡せたかな?初めての試みでどれくらいの数を用意すればいいのか分からなかったのですが、来年はもうちょっと数を減らして、多くの人にいいもの当たるようにしたいな〜。アンケートを集計した結果色々面白いご意見もあり、早速来年に向けて採用していこう!と言う話になってます。来年は、さらに小さい子供から大人まで楽しんでもらえる大会にしたいな〜と思います。
IMG_2383.jpg
アンケートを書いてくれる男の子

IMG_2377.jpg
賞品のキッズバイク


早速当たった自転車に乗ってました。これがきっかけでビッグな選手になってくれるといいな〜


IMG_2382.jpg
沢田時選手のサイン入りタオル

最後のレースC2になると雨が降り、寒くてレースコンディションも悪い中、熱いバトルが行われていて、盛り上がってました。そして、最後レース終了後に行うはずの閉会式に三船さんが現れず。階段の方でとっととコースの片付けを始めていたらしく、どんなに呼んでも来ないので急遽私が挨拶する事に…。そうして、最後まで結局どたばたでしたが、参加された方たち&協賛各社さん、役員さん、お手伝いいただいたチーム関係者、そして観戦に来てくださった方々のおかげで、何とか大会を終えることができました。雨の中撤収作業をしてくださった役員やチーム関係者の皆さん、ありがとうございました。

C1とCM1はGP MasahikoMifuneとして、ガラパさんと一緒に三船さんも解説でした

悩み事が多くて眉間にしわがより、愚痴ばっかり言って人相も悪くなり、寝不足で辛かった日々でしたが、終わってみればそんな事はすっかり忘れて楽しい、楽しい1日でした。もうすでに来年に向けて話は始まっているので、今年以上に楽しんでもらえるレースになるよう色々改善し&チャレンジしたいと思います。

シクロクロス開催でこんなに大変なんだから、ロードレースとなると道路許可とか地元の方々の理解とかさらに大変なんだろうな〜と実感しました。来年はちょっとばかりTOJとかの見方も変わりそうだな〜。いつかはロードレースも開催してみたいです。もちろんクルクルクリテじゃなくて、本場の町から町を走るロードレースができればいいな〜。

来年も、くろんど池でのシクロクロスレース開催予定ですので、ぜひ参加または観戦に来て下さいね!

■Xmas Cross in くろんど池のHP→ http://cx.masahikomifune.com
| 自転車の話 | 14:32 | comments(2) | - |
コメント
くろんど池おつかれさまでした!
行けなくて残念でしたが、楽しい大会になったようで何よりです。

タウン to タウンのロードレースの開催、本当いつか開催できればいいですね。
よいお歳をお過ごしくださいませ!
| catosat | 2015/12/31 10:46 AM |
> catosatさん
今年も色々とお世話になり、ありがとうございました!
来年はぜひ、くろんど池お手伝いしてください。
良いお年を〜&来年もよろしくお願いします。
| Chiho | 2015/12/31 3:30 PM |
コメントする