CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< マキノでUCIレース執務しました | main | 初めてのレース主催 >>
色々楽しめた今年の全日本シクロクロス選手権
今年も全日本シクロクロス選手権へ行ってきました。今年の開催地は長野県飯山市。
U23はJP SPORTS TEST TEAM-MASSA-ANDEXから、小橋くんが出場。木村くんも出るはずだったんですが、先週の野辺山CXで痛めた指が完治せずにDNS(未出走)でした。
U23のレースは、10時10分からで15分前招集なのに小橋くんが現れず。やきもきしてたら、やっと姿発見したものの、その後どこかに行ってしまいコールアップされているのに姿なし。2列目からのスタートになってしまいました。私は早々にスタート地点を離れて、写真撮るのに構えていたんですが、スタート直前にも服脱い だりして手間取って、警告受けてました。まぁ、いつもの事と言えばいつもの事なんだけど…。

そんな小橋くんですが、スタート直後は3番手で走り、その後砂ゾーンではトップになり、行けるか?と思ったのですが、森ゾーンで苦戦したのか階段辺りでは後退してました。小橋くんの場合、やはりシクロクロス経験が少ないし、パワーで押し切るので、ランの所もライドで行こうとして、力使ってる感じがしました。ロード走れるからと言ってシクロクロスも走 れる!って訳にはいかず、色々と奥が深いです。

砂ゾーン、先頭で走る小橋勇利

このレース勝ったのは、沢田時選手。前半から独走で余裕の走りだったのかと思いきや、後日このコースを監修した三船さんのいわく、「いつもできている走りができてなかった」との事で、全日本選手と言うプレッシャーは、各選手色々あったんだろうなとしみじみ思いました。

U23先頭を独走していた沢田時選手。このコース、テープの張り方のすごくきれいでした。コーステープをいかにきれいに見せるかを研究中の私としては、すごく気になりました!


エリートはライブ中継をしたい旨を申請したらムービーの申請が多いのでどうなるか分からないという話だったので、出来なきゃできないでいいか!と思っていたら、OKだったので、ツイキャスで中継する事になりました。

シクロクロスは多少走り回れば、何カ所か撮影できるので走り回って撮りました。前半はレース全体のコースが分かるようにシケインとかの方へ行って、後半は砂ゾーン&森ゾーン辺りでレースを追うことに。

レースは前半から小坂光選手がトップで、それを追って竹之内選手と山本選手がバトルを繰り広げる形でした。ラスト5周で完全にこの3人の戦いになると決まっていたのですが、小坂選手がタイム差キープしてたので、有利だろうな〜と思っていたら、ラスト3周くらいであっという間に2人に追いつかれ、3人パックに!こうなったら、もう誰が勝つか分からない!手に汗握る戦いでライブ中継しながら楽しめました。勝負はラスト2周で、竹之内選手がアタックしたタイミングで運悪く小坂選手が落車し、山本選手もついていくも、竹之内選手が逃げ切り優勝。今年は見ごたえのある展開でした。ひ〜ひ〜言いながらもライブ中継できてよかったかな?

飯山のこのコース見やすくてよかったし、土曜日は近くにある野沢温泉へ行って外湯めぐりしたし、美味しいおそばも食べたし、夕食には馬刺しまで頂いたし、とっても満足できた全日本シクロクロス選手権でした。


賞品のかわいい桝カップ。これで飲んだらおいしそう


漬ける前の野沢菜がいっぱい売ってました


きのこそば


神戸の大イチョウ、見に行ったけどやっぱりもう紅葉は終わってました。
カンベって読むのかと思ったらゴウドなんだって。


野沢温泉の麻釜(おがま)の大釜で地元の人が白菜ゆでてました


最後に行った大湯。「ぬる湯」と「あつ湯」に分かれてて、3軒目の温泉だったので熱いお湯にも慣れてたから、あつ湯に足を浸けてみたら、最初は大丈夫と思ったのに、じわ〜っと熱さが伝わってきて熱い!!とても身体は浸かれませんでした。でも地元のおばあちゃんはどっぷり浸かってました。あつ湯のほうだけ湯の花が沈んでて、お肌にも良さそうだったんだけどな〜。



| 自転車の話 | 09:15 | comments(0) | - |
コメント
コメントする