CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< シクロクロスシーズン始まりました | main | マキノでUCIレース執務しました >>
関西CXやっと木村君が表彰台
週末は、関西シクロクロス第3戦のスチールの森京都に行ってきました。私にとっては初めての会場でした。今年は、シクロクロス役員をすることになり、今シーズンはフィニッシュ担当だったので、一週間前からフィニッシュ用の記入用紙を試行錯誤して作り、準備万端でした。でも、レース数日前に届いた役員リストを見たらラップ。あれまぁ?フィニッシュじゃないのね〜。
シクロクロス役員2回目で、すでに違う担当。色々また勉強せねば!朝早く会場に着いて準備して、同じくラップ担当の前田さんに色々事前に教えてもらって、第1レーススタート。シクロクロスは、1周目のラップタイムで周回数を決めるので、それがややこしいんです。このコースはスタートして、3分ほどでゴールラインを通過するので、そこでタイム計って、次の周に来たときのラップ計算して、周回数を決めると最初のレースは3周に決定。そうするとすでに1周は終わってて、2周目に入ってるから、次来るとラップ表示はラスト1 周でジャン(鐘)。早い〜。こんな感じで午前中はバタバタしながら、やってました。今回初めて本物の鐘でジャン鳴らしました。以前ジャン鳴らしたときは、関西サイクルスポーツセンターだったので、電子音だったんです。本物の鐘はいい音でなかなか耳に響くし、結構重くて、鳴らすのにもコツがいりました。やってみないと分からないもんですね。やっぱり翌日は筋肉痛でした。
あと、混走なのでどれが違うカテゴリーのトップなのか分かりにくくて、ちょっと苦労しました。慣れれば見分けられるのかな?

お昼からは、トップクラスのC1のレース。今回はJPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックスから木村くんが出場してました。これが3戦目なんですが、 まだ表彰台に上れてなかったので、今日は行けるはず!と思ってました。ゴール地点のタイムカウンターを押すため、スタートには行けず。スタートした後は、 すぐに私はキッズたちのレースのチェッカーフラッグ振りに行ったので、最初の出だしは見れずでした。2周目に入る所から見れて、その時は2位争いの数人のパックでした。ロードだとグループって言うのに、シクロクロスだとパックなんですよね。

そのうち、木村君が2番手で先頭を行く沢田選手を追いかける形になり、行け行け!!って心の中で応援してたんですが、なかなか差は縮まらず。反対に3番手の島田選手が追い上げてきて木村くんに追いついて、ぴったりマーク。あかん、この展開、あかん!と思いつつ、祈るような気持ちで見てたら、案の定島田選手の加速で木村くんは3位に…。

う う、これはもうあかん〜と思っていたら、思いの外木村くんが粘って、ぴったりマーク。そのまま落ち着いて付いていけ〜と思っていたのに、抜かしにかかってるし…。いやいや張り切り過ぎたら、後半たれてまうで〜大丈夫か?と終始ヒヤヒヤしながら見てました。

今回、竹之内悠選手が解説してて、そのコメントが的確で多分レースや選手を知らない人も見所が分かりやすくて、楽しめたと思います。個人的には木村くんにプレッシャーにならないか、ヒヤヒヤものでしたが…。

先週もパンクしたし、トラブらないでよ〜と思いながらラスト周回へ。木村くんが前で、虎視眈々と狙う島田選手がぴったり付いて最後の上り直線、依然木村くんが先頭ですごい勢いでゴールへ。島田選手も抜きにかかろうとしてましたが、木村くんが逃げ切りました。これが、優勝!だったら良かったんですが、すでにトップの沢田選手はゴール済み。
結果的には2位でしたが、見応えがある戦いだったし、レースも盛り上がってて、いい走りが出来ていたので良かったです。

前田さんにお願いして、表彰式は見に行って来ました。表彰式でのコメントでも、「去年の僕なら負けてましたけど、冷静にレースを展開することができて勝てた」と言っていたし、去年はいつも負けてた島田選手に勝ててちょっとは自信ついたみたいです。去年より進歩してる木村くん、今後が楽しみです。


翌日リザルトを見て知ったんですが、3位だった島田選手が降格になってました。スタート時の不正とやらで、点呼されずに勝手に並んだのかな??C1のスタート時はバタバタしてたので、私は全く詳細知らずでした。あんないいバトル繰り広げてたので降格になってしまったのは残念ですが、ルールだから仕方ないかな。

今回のレースのダイジェスト版がBIKIN!TVで見られます。ぜひご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=lbkNmVcoIkw&feature=youtu.be

あと、木村君のレポートはこちらです。
http://www.team-massa.com/2015/11/cx32.html

次は日曜日のマキノUCIのレースに役員で行きます。今度はアッシャー(招集)。レッグウォーマとか見つけて外してもらわないといけないポジションだなぁ。 ゼッケンもきちんとつけてもらわないと!!参加される皆さん、ゼッケン、レッグウォーマ、並び順など各自注意してレースに参戦してくださいね〜。


| 自転車の話 | 22:39 | comments(0) | - |
コメント
コメントする