CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< 舞洲で決審でした | main | シクロクロスシーズン始まりました >>
わかやま国体
9月27日〜10月1日にわかやま国体の自転車競技が開催されました。今年もロードは中継班で参加、トラックは初めて競技役員として参加しました。

ロード開催地の印南町は昨年もリハーサル大会となる都道府県対抗大会の中継班で参加し、女子レースのバイク中継だったのでコースは熟知してました。今回のポジションはゴール地点のカメラ。ゴールはいざと言うときのために2人体制での中継でした。
去年とゴール地点が少し違うとの事だったので前日確認に行くと、ほんの少し手前になっていました。昨年は男子レースのゴール撮影をしたのですが、撮れる場所がなく苦戦したので、今回はコースが少し見難いのですが、観客が入れないコース反対側に陣取ることにしました。

そしてレース当日、なんと雨・・・。聞いてないよ〜。ちょうどセッティングの時間頃がこの日一番降っていた時間帯でした。カメラと中継パソコンを濡らさないように気を使いつつ、柵と山側の狭い場所で通常より時間かかりながらセッティング終えたらもうスタート時間間際。小学生たちのきいちゃんダンスを撮りたかったのに、全然見る間なしでした。

スタート10分くらい前にやっと中継流せる状態になり、iPhoneカメラで撮影。なんとか間に合ってよかったです。その後は、ゴール地点に移動して、少年と成年のレースを撮影。このコースはバイクからの映像がかなり使えるので、レース中はゴール地点のカメラが使われない事もありましたが、ゴール地点カメラは最後が肝心なのでゴールに向けて集中してました。

少年のゴールが近づくと、スチールカメラの人が中継カメラの前に陣取り始めたので、「ライブ中継中なのでそこは立たないで下さい」って声かけしてました。身を乗り出して撮影されると中継カメラに被ってしまうんですよね。朝スタート前、私はいない時だったんですが、審判の方がゴールの時には今撮影している場所とは反対側に撮影ゾーンを設けるような事を言っていたと聞いていたので、スチールカメラの方々はそちらに行ってもらえばいいか〜と思っていました。

少年のレースは、2人が逃げてて数人が追う形でゴールへ。追走には奈良県が2人いたので追いついたら、昨年取材させてもらった吉岡くん(奈良県)が来るかな〜と思っていたのですが、追いつけず2人が逃げ切り。勝ったのは、福島県の渡邉祐希くんでした。渡邉歩くんの取材をした時に話を聞いたもう一人の渡邉君の方でした。知っている選手が勝ってくれると嬉しいです!
中継の方のゴールカメラもうまく行ったようでした。個人的には集団のゴールスプリント映像がちょっと分かりにくかったかな?と思ったんですが・・・。

そして成年は残り2周。少年でバイクカメラ撮影していたミュール師匠もゴール地点に来て、前日見つけた坂の上から見渡せるポイントへ移動してカメラ撮影してもらいました。
最後だったので、私もスチールカメラさんがいる反対側のコースがよく見える位置に移動しても良かったんですが、動画がゴールにあるカメラゾーンに入るのは、ヨーロッパではNGなんです。それに、スチールはしゃがんで撮れば観客の邪魔にならないけれど、動画は立って撮らないといけないから観客の邪魔になるので、同じ位置で撮る事にしました。ズームで待ち構えて、ゴールしてきて引く形に。中継でどう映ったかは分からなかったんですが、後日LIVEで流れた映像を見たらいい感じのスイッチングで迫力あるゴールシーンになっていたので、ホッとしました。優勝したのは窪木選手(和歌山県)でした。ゴールカメラは緊張しますが、いい場所でレースを見れるのが特権です。

ゴールカメラのあとは、自衛隊帰隊式の撮影に行って、レースが終わっても表彰式が終わるまではバタバタでした。それでやっと表彰式が終わったら、今度は和歌山競輪場へ行くバスの時間で急いでお弁当食べて、中継班のみんなにお別れしてトラック競技の方へ。その日はミーティングと顔合わせでした。

少年の表彰式

トラックはあまり経験がないので、月曜日のトラック競技初日はあたふたして大変で、いろいろな人に教えてもらいながら何とか終了。2日目からは慣れて、そこそこ楽しめました。今回は無線が配布されるポジションだったので、レースの裏の状況が分かり、色々勉強になりました。でもトラックは難しい・・・。まだまだ勉強することがいっぱいです
トラックは4日間、同じメンバーで競輪場まで行き来していたし、いろんな都道府県の審判の方たちと知り合いになれていい経験でした。来年の国体は岩手県で都道府県対抗大会は愛媛県です。国体は他のレースとは違う雰囲気なので、ぜひお近くの人は見に行ったり、地元の人はボランティアで参加したりしてみてください!

和歌山競輪場


印南町のシンボル“かえる橋”。去年からこれを一度見てみたかったので感激〜


会場ではこんな感じでLIVE中継が見れてました
| 自転車の話 | 23:43 | comments(0) | - |
コメント
コメントする