CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< シクロクロス、シーズン始まりました | main | シクロクロスの裏事情 >>
ファンライド連載、3回目は梶原悠未選手
ジャパンカップのオープンレースでこの連載にふさわしい選手を探そうとしたのですが、出走リストを見ても私のアンテナに引っかかる選手がおらず。どうしようか?と悩んで、なにげなく見ていたところ女子レースのリストに気になる選手発見!男子選手ばっかり頭にあったけど、この連載にぴったりな女子選手がいました。それが梶原悠未さんでした。

実は、今年の全日本選手権で表彰式(全日本女子Jr+U17でロードとTT優勝)の後、インタビューされてて「2歳の時から水泳初めて、自転車歴も2年」と話をしてて、その時にも少しお話してしっかりした子だな〜と気になってたんです。

全日本選手権の表彰式

それで、ジャパンカップ女子のレース後にお話伺いました。話を伺ったら、またまた興味津々な話が飛び出して、ええ〜って感じで、やっぱり聞いてみないと分からないものですね。

まず聞いちゃったのが、苗字の読み方
梶原ですが、カジワラではなく、『カジハラ』さんなんですよ。
皆さん、間違えずにね〜。

中学までずっと水泳をしていて、高校は自分のやりたい事(これはなんだか、雑誌読んでみてくださいね)ができる高校に入って、水泳部もなかったし高校では違うスポーツをしてみたい〜って入ったのが自転車部だったそうです。それで今年は海外遠征にも行って、アジア・ジュニア選手権の女子ロードとTTで2位、世界選手権でもトップと同タイムの大活躍。

彼女の行っている筑波大学附属坂戸高校なんですが、国立高等学校なんです。学校のサポートもあり、自転車競技と勉強の両立も出来ているそうです。顧問の安達先生にもお話伺ったんですが、「1学年4クラスしかなく160人で、マンモス校ではないのでそう言った中でクラブ同士で生徒を取り合って、勝ち上がることはなかなか難しいんです」とおっしゃってました。自転車部は昔からあるそうで、部員も年によって増減があるようですが、個人競技でもあるし、人数が多ければ団体競技にも出られるとの事でした。そっか〜、自転車部は前回の大町君のように部員1人でもできますもんね。今後、少子化の日本にはぴったりな部活になるかも。ちなみに今は部員10名で、1年生に女子がもう一人いるそうです。


あと梶原さんから「埼玉は自転車部のある高校が多いんです」って教えてもらいました。調べたところ、東京と同じ13校で全国トップ数でした。だから練習コースが他の高校と被っちゃう事もあるそうです。

話聞いて、ますます応援したくなりました。雑誌読んでもらって梶原さんの魅力が伝わるといいいな〜。来年、2月にタイで行われるアジア選手権でぜひとも今年逃した優勝狙ってもらいたいです。女子選手も注目して見てみてくださいね。

| 雑誌 | 12:33 | comments(0) | - |
コメント
コメントする