CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< ツール・ド・熊野 食べ物編 | main | 個人スポンサー >>
ツール・ド・熊野 おまけの話
ツール・ド・熊野シリーズ3つめは、どうでもいいおまけ話です
プロローグの後にあったセレモニー会場に行ったら、昔から知り合いのパスカルがいてびっくり。今回、ベルギーから女性の審判が来ていると聞いてたのですが、それが彼女だったんです。パスカルはツールの通訳をしたり、ケスデパーニュのチーム広報をしたり、何ヶ国語も話せてすごい女性なんです。私が一人でブエルタを回っていた時も何度も車に乗せてもらってお世話になったんですよね。日本で再会、それも熊野のレースに来てくれるなんて、嬉しかったです。ただ、天気が悪かったのが残念・・・。

今回、宿泊は3日ともステーションホテル新宮だと聞いていたのですが、向こうに行くとBJさんから「2日目のホテルが変わったみたい」と言われ、プロローグの後とりあえずチェックインをしにステーションホテルへ行ったんです。そしたら、「予約は明日から2日間です」と言われ・・・。この日は多くのチームがここに泊まっていたので、泊まるとことないんじゃない?とか冗談で言ってたら、本当になっちゃいました。一瞬、宿無し?と不安になったけど、BJさんが翌日泊まると思っていた宿に連絡したらくりらじの予約が入っていたので一安心。まったく泊まったことのないビジネスホテルでしたが部屋は広く、チームユーラシアの選手たちも一緒でした

今回の中継は、100万円の機材を肩からぶら下げ、右手にビデオカメラを持ち、本部のBJさんところんさんの声が聞こえるヘッドセット(両耳用)をして、ヘッドセットのマイクに向かってしゃべるという形でした。コードがいっぱいあって、機材はずっと肩からぶら下げたままだから、長時間持ってると重いんですよね。特に第1ステージの表彰式は辛かった〜。結果が出なくてむちゃくちゃ待たされて、雨に濡れるはビデオを持つ手は疲れてプルプル震えだすは、待ちくたびれた子供たちに絡まれるはで大変でした。ずっと傘持ちをしてくれたヤッハさんもかなり手にプルプル来てたそうです。そりゃ、雨の中1時間近く待たされてたもんな〜。こうして支えてくれる人がいるおかげで成り立っている中継です。

第1ステージ後、ミュール師匠やBJさんと「ヘッドセットでインタビュー取るのは使いにくいね〜。マイクとイヤホンの部分が別れたら良いのに〜」って話をしてたんです。そしたら、第2ステージの途中、急いで車に乗ったらお尻の下でパキって音がして私のヘッドセットが!!見事マイクとイヤホンの2つに分かれて、ちょうど理想の中継機材になりました。もし、反対側がパキっとなってたかと思うと・・・
ヘッドセット

ツール・ド・熊野ではおなじみの表彰式後の“餅まき”。これが楽しいんですよね。お餅に番号が入ってたら大当たり!タオルや梅干、自転車がもらえます。これを目当てに来る地元の小学生やおばさんたちで、表彰式は大賑わい。目当てはなんにせよ、雨でも多くの人が集まってくれることは、表彰される選手たちも嬉しいだろうな〜って思います。他のレースでもこうしたイベントあればいいのにねぇ。
もちまき

今年も多くの方にお会いしました。特に印象的だったのは2人。一人目は、第1ステージの表彰式を待っているときに、中継のヘッドセットに興味津々だった小学生の女の子。お餅もいっぱいゲットし、優勝した福田選手から花束をもらって喜んでました。福田選手と一緒に写真を撮ってあげたら、ちょっと緊張してたのが可愛かったです。それまで、なにかと私に絡んできてたのに、ぜんぜん態度が違う〜。同級生の子達からも、いいな〜ってうらやましがられていました。また来年、会おうねってお別れしました。来年はもっと大きくなっているんだろうな。覚えててくれるかな?

2人目は、第2ステージで中継のインタビューに出てくれたおじさん。毎年同じ場所でそれもボランティアで、朝からコースのお掃除などレースのお手伝いをしてくれているんです。町の人たち総出でレースを支えてくれていて、彼らの平均年齢は70歳以上だと言ってました。影でこうした地元の人たちがレースを支えてくれているんですよね。地元密着なのが、ツール・ド・熊野のいいところです。おじさん(多分70歳すぎ)は「来年は生きてるかどうか分からない」なんて言ってましたが、来年も同じ場所で同じおじさんにお会いできたらな〜と思います。こうした地元の人たちとの出会いも、ツール・ド・熊野の楽しみが増える一つです。

第2ステージのあと、tenちゃんに「ウミガメがいるから見に行こう」と誘われて行ってきました。勝浦へ行く途中に道の駅があって、そこの横にウミガメとふれあえる建物があるんです。道の駅には来たことがあったけど、ウミガメがいたとは知りませんでした。水槽に近づくなりカメさんたちがぶわぁ〜っと寄ってきて、驚きました。
ウミガメ
実は2人ともレインウェアのままで、tenちゃんにいたっては長靴はいてたんですよ。きっとこの格好が飼育員の人に見えて、エサでももらえると思ったんでしょうね。わっさわっさカメがやって来る姿は面白かったし、ウミガメたちも大きくて迫力ありました。カメ好きにはたまらないくらいカメグッズもたくさん売ってました。私は鳥好きだから興味なしだけど

勝浦では、念願の温泉に入ってきましたよ!泊まったのは民宿だったんですが、そこでホテル浦島の入浴チケットが半額の500円で買えたので、ホテル浦島の温泉へ行ってきました。ホテル浦島までは船で行くんです。
船
6ヶ所温泉があって、有名なのが忘帰洞。でも夜だったし、雨で海が荒れてたから、景色としてはいまいち良さが分かりませんでした。洞窟の中が風呂場になっているので独特な場所でした。
温泉
温泉と温泉の場所が離れてて、敷地も広くて歩き回るんですが、夜の時間行ける所はすべて制覇しました。ただ、宿泊客メインの温泉なので、日帰り客には浴衣やぞうりがなく、毎回服を着て靴を履いて歩き回るのが不便。一緒に行った他の2人は、長靴でかなり大変そうでした。日帰りで行くならサンダルは必須です。
スタンプ

以上、なが〜くなりましたがツール・ド・熊野おまけ話でした。


| その他 | 02:01 | comments(3) | - |
コメント
あーーん!
浦島行けばよかったよーー(涙
大後悔ww
でも初めての熊野!行ってよかった!
また来年もゼッタイ行くぞ!
| みぃ | 2011/06/09 10:39 PM |
chihoさん、お疲れ様でした!
大活躍でしたね!
僕もまた行きたい楽しいレースでした。
来年はせめて雨降らないで欲しい(笑)。
7月に浦島に泊まりに行くので、超タイムリーです。
| sakura-z | 2011/06/17 7:58 PM |
> みぃさん
熊野楽しいでしょ〜。本当、いいレースです。晴れるとすご〜く景色がよくって、自然いっぱいでもっと気持ちいいんですよ。なので晴れた熊野もぜひ。来年は、温泉も忘れずにね!あそうだ、勝浦は朝市もあるんです。晴れてたら行きたいな。

> sakura-zさん
一昨年雨、去年晴れだから、この分で行くと多分来年は晴れの年なので、ぜひぜひ来年も。浦島に泊まられるんですか。宿泊の人はスタンプラリーで粗品もらえるみたいなんで、ぜひスタンプ3つ集めてもらってください。
| chiho | 2011/06/17 11:16 PM |
コメントする