CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< ツールのコネタ(食べ物編1) | main | 来週はもうオーストラリア >>
ツールのコネタ(食べ物編2)
ツール食べ物編、その2です。
朝と昼はタダ飯でなんとか済ましても、夜はちゃんとレストランで食べてました。
でも、ちゃんとしたレストランに入ると値段が高いし、出てくるのに時間がかかる(これがすごい嫌!食べ始めてから3時間かかる時もある)ので、もっぱら大型スーパーの片隅にあるファミリーレストランで食べてました。これが、一番お安い!

セットメニュー
これはFlunch(フランチ)って言うレストラン。このセット飲み物付で約900円。この時は白ワインをチョイス。ここは、付け合わせの野菜とかパスタは、取り放題なんですよ!だから、安いメインメニュー(大抵メインはチキンか魚フライか肉だけのハンバーグ)を頼んでも、むちゃくちゃお腹いっぱい食べられます。ただ、この系のレストランのシステムを知らないと最初はちょっと入りにくいかなぁ?ざっと説明すると、お盆を取って、飲み物とかデザートがいるなら選んで、最後にメインをレジで言うと、チケットをくれて、それを持って調理している所にもらいに行くんです。だから、すぐに食べられるんですよ!

付け合わせが取り放題じゃないけど、同じようにお安いレストランは、Casino Cafétériaとか、crescendoとかがあります。地方料理があったりして、安い値段で食べられます。私は今回どこかで鴨食べたな〜。美味しかったっ。フランスに来たら、とりあえず鴨(canard)がお勧めです。

ただこれらのお安いレストランの難点は、9時半くらいがラストオーダーなんです。だから、レース終わってくりらじで喋って、移動したらギリギリの時間帯。とにかくプレスセンターの近場で見つけて、食べるようにしてました。

ツール後半は、スポンサーになってくれた方のおかげでそこそこいい夕食でしたっ!ありがとうございます。

ピレネーの方でゴール地点からホテルに向かって行く所で見つけたレストラン。
ツールメニュー
メニュー看板にツール・ド・フランスって書かれてました。メインとデザートのコースにツール・ド・フランスって名前がついているんです。メインがコンフィ・ド・カナールって書いてあったので、鴨のコンフィの何かなんだろうな〜と思って、頼んだら出てきたのがこちら。

鴨スープ
鴨のコンフィがスープの中に突っ込まれて、なんじゃこりゃ〜って感じじゃないですか?鍋から鴨のもも骨がつき出てるんですよ。ちなみにこれで2人分。鍋の中をすくったら、野菜がごろごろ出るは出るは!お皿に取り分けたら、こんな感じ。
鴨スープ
これが1人3杯くらいありました。量はたっぷり!
この日は寒かったので、この温かい鴨スープが身体にしみたぁ〜。鴨のだしと野菜のうまみが出てて、それも味が和風なんですよ。なんかの味に似ている!って思ったら、トン汁。鴨と豚を一緒にしちゃいけないけど、とん汁風味でなんだか懐かしい味だったんです。メニューの鴨コンフィの前についてたgarbure(ガルビュール)ってのが、野菜スープって意味で、この辺の郷土料理だったみたいです。
デザート
これにこのデザートがついて、13ユーロ(約1600円)。
ところで、何でこれがツール・ド・フランスって名前のコースなのか店の人に聞いたら、地元の料理だからだそう。ツール・ド・フランスに来た観光客向けに、地元料理を食べてみて!ってことみたいです。この看板で惹かれたし、むちゃくちゃ美味しかったので、いや〜お店のおじさんに感謝ですぅ。

今回一番美味しくてお得だったのが、このワイン。
ワイン
フランスじゃなくて、スペインなんです。ツール第15ステージ、ゴールはフランスにある街でしたが、地理上絶対スペイン側に行きたい!とVielha(ビエラ)って街にネットで宿を予約しました。そのビエラの街のレストランで、好きなだけ飲んで飲んだ分払ったらいいよと出してくれたのが、このリオハのワイン。これが飲みやすくて美味しかった〜。コースを頼んで出てきた料理も、前菜に頼んだサラダは皿大盛りだったし、メインの豚肉はシンプルに焼いただけなんだけど、塩味が絶妙な感じで美味しいし、デザートもあって、12ユーロ(約1450円)。それプラス、ワイン。ワインは3分の2飲んでたので、4ユーロだって。グラス1杯の値段の間違いかと思って、メニュー見たら1瓶6ユーロ(約700円)。お店で飲んでこの安さ。スペインすごい!やっぱり、スペインは安いし美味しい!!ってのを実感しました。

この時泊まったホテルも朝食付きシングル1泊25ユーロで約3000円。ヤバイ所かな〜ってちょっと心配だったんだけど、ちゃんとした宿でお姉さんもお兄さんもすごく親切だったし、ネットも無料で使え、部屋にはシャワーもトイレもついてて、ベッドはちょっと狭かったけど、なかなか快適な部屋でした。朝食はハムがたんまり、食べ放題でした。
スペイン朝食

ますます、スペイン好きになりました(笑)。
山に囲まれたこのビエラの街、またじっくり行ってみたいな〜。
ビエラ

あとフランスでチーズ付きのコースとかも頂きましたよっ。
チーズ
9種類くらいあったかな〜。一応、全部ちょこっとずつ食べてたけど、種類多すぎてどれが美味しかったのか、分からなくなっちゃいました。まあ、全部美味しかったってことで…

3週間のツールの食生活はこんな感じです。夜は朝と昼があまり食べられない分、夜たっぷり食べてたので、体重も減らず…。夏痩せすることもなく、今年の夏も終わりました。

| 食べ物の話 | 17:40 | comments(5) | - |
コメント
ビエラって素敵な街のようですね^^
私も行ってみた〜い(^▽^)

姉さんの食べ物レポって読んでてお腹がなります(笑)
美味しい物もたくさん食べられてよかったですね♪
| naomi | 2010/09/21 7:27 PM |
Flunchは本当に懐かしいです。
留学中、ホームステイ先で野菜が全然出ない時に重宝してました!

食べ物レポを見てたら、フランスに食旅行に行きたくなってきました(><)
| みゆき | 2010/09/22 12:12 AM |
あ、リオハ。安くてどっしりうまいですよね。
スペイン行ったときはカフェコンレチェとチュロスばっかり食べてたの思い出しました。

今年もツールリポート楽しませていただけました。
(第一子誕生と重なったので、なかなかゆっくり聞けませんでしたが…)
| わかば | 2010/09/22 11:51 PM |
おいしそうなお料理の写真!
そそられます〜。
スペインは安くて美味しいんですね。
休暇をとるのが難しいのですがいつかわたしも行ってみたいです。

| catosat | 2010/09/23 9:08 AM |
> naomiさん
ぜひぜひ、そのうち海外にも一緒に行こうね。絶対スペインはオススメです。食べ物レポは、このあとオーストラリア、熊本、宮崎、宇都宮の予定です(笑)

> みゆきさん
Flunchいいですよね。私は、グニョグニョに茹でられたほうれん草が無性に食べたくなる時があります。ところで、みゆきさんってフランス留学経験あるんですね〜。今度たっぷり聞かせてもらいますよ。

> わかばさん
リオハ、美味しいんですよ。日本でもついついリオハ探しちゃいます。
カフェコンレチェとチュロス、いいですね〜。でも、太りそう(笑)。私は、アクアコンガズとトルティージャの組み合わせが定番です。こっちも太るか〜(笑)
お子さん、すくすく育ってますかぁ?3歳までにおもいっきり愛情をかけてあげてください〜。

> catosatさん
ガイドブックとかには危険な国って書いてあって最初は怖かったんですが、マドリッドとか大都市以外は全然大丈夫です。食べ物もおいしいし、人が親切でいいんですよぉ。
| Chiho | 2010/09/28 3:18 AM |
コメントする