CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 11月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

新連載始まりました!1回目は吉岡選手です
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌]
funride (ファンライド) 2014年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

★9月号の連載は徳田鍛造選手です!
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677)
ツール・ド・フランス2013 (エイムック 2677) (JUGEMレビュー »)

『ツールで働く仕事人』を書いてます!テレビでは分からないツールの裏側ですよ♪
シークレット・レース (小学館文庫)
シークレット・レース (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
タイラー ハミルトン,ダニエル コイル
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX
ツール・ド・フランス 1985~1991 7YEARS BOX (JUGEMレビュー »)

ロードレースやツールについて詳しく知りたい人はぜひこのDVDを!絶対見る価値ありの7年BOXです
<< レース三昧の日々です | main | レースに行って気になること >>
ベルギーでの日々
ヨーロッパに来てから、ずっとベルギーの友達アレックスの家にお邪魔しています。ベルギーに来てから、レース三昧であっちへ行ったり こっちへ行ったりして、忙しいのですが、合間にアレックスとベルギーで楽しんでいます。
こっちに着いてすぐ、ブリュッセルに昨年オープンしたルネ・マグリット美術館に行ってきました。昔から、マグリットの絵が好きだったので、行ってみたかったんです。

ネットで調べたら、行こうとした火曜日は休み。アレックスに言ったら、「それはマグリットの家の美術館で行くのはそっちじゃないよ〜」と教えてくれました。新しいマグリットの美術館はベルギー王立美術館のすぐ横です。勘違いする所でした…。HPはこちら→http://www.musee-magritte-museum.be

「入場がややこしいらしい。先にチケット買った方がいいかも?」とアレックスが言うので調べたら、インターネットでチケットが買えるんです。でも時間帯が決まってて、私たちは13時からのチケットを購入。買ったはいいもののここのお家にプリンターがなく、義理のお母さんの家に行ってプリントアウトしてから、無事美術館へ行けました〜。チケット窓口は美術館とは別の場所にあるし、人数制限があるので、人が多いとその時間に入場できないようで、ネットで買って行って正解でした。

一応人の少ない時間を選んだので、絵もじっくり見れました。やっぱり実物は迫力があって、「La lunette d'approcheと言う窓ガラスに空が映っていて開いた窓の外が暗闇の絵は、窓の外の暗闇に引き込まれそうなくらい魅力的でした。マグリット美術館のHPに行くと見られます。右下にある絵です。

あと鳥の絵も多いんですよね。葉っぱが鳥になってたり…。知らない作品もいっぱいありました。絵の前に柵がないので近づいて細部まで見えるし、スペースも広く様々な角度から見られるのがいいです。

案内

左はマグリットの案内、右は楽器博物館のレ ストラン入場券

マグリットを十分堪能した後は、近くにある楽器博物館へ。博物館には入らず、最上階のカフェに行きました。

楽器博物館

楽器博物館

博物館の入口で「レストラン」と言えば、カフェレストラン用のチケットがもらえるんです。エレベーターで10階へ行くとそのフロアーがレストラン。ブリュッセルの街が一望できるんです。いや〜、こんな穴場があるとは知りませんでした。

カフェ

1645分閉店なので閉まるのは早いですが、凄くいい雰囲気のところなので、ブリュッセルに行った時には行ってみてください。

カフェ

ブルッセル一望

ブリュッセルの街

カフェの後には、メキシコ美術をちょっと拝見して帰ってきました。「アレブリヘ」って言うらしいです。

メキシコ美術

メキシコ美術

↑こんなの家に置きたいな〜(笑)

別の日には、アレックスの息子のパオロとパオロのおばあちゃんと私の3人でベルギーの動物園「パラディジオ」に行ってきました。動物園と言っても、鳥がいっぱいなんです。ほとんど大きな檻の中ですが、人が檻の中に入れるところもあって、鳥が間近で見られました。

鳥

1430分からは屋外で鳥のショーがあってフクロウとか鷹とか、最後にはハゲワシがいっぱい出てきて、観客の中を飛び回るので、迫力があって面白かったです。あっという間に終わってしまって、もっと見たかった!!!

鳥のショー

鳥のショー

水族館もあって、そこは撮影禁止だったので写真がないんですが、水中に潜っていくような感じの構造になっていて、魚のいろんな側面が見えてなかなか面白かったです。

あと意外と楽しめたのがつり橋。

パオロとおばあちゃん

パオロとおばあちゃん

2か所あって、一つは室内、一 つは屋外なんですが、屋外の方が長くって…。最後には、こんな場所も…。大人は四つん這いです。いい運動になりました!

パオロ

パオロは動物より滑り台とか遊具の方が気に入って、遊びまわっていたので、全部の動物は見て回れなかったのですが、鳥がたくさん見られたので堪能しました。

そんなわけで、ベルギーで色々と楽しんでいます〜。


| 旅行の話 | 05:50 | comments(4) | - |
コメント
マグリット、エッシャー、ダリは高校の頃に好きだった画家です。実物が見られるなんて羨ましいです。
楽器博物館のカフェいいですね!素敵な空間です。
| Frank* | 2010/04/21 7:14 AM |
2004年、国立美術館でマグリットを見ました。
2008年、マグリットの家を周辺をグルグル捜して至らず、ニアミスでした。
ベルギーの道路標識は、難しい、分かりにくい、諦めています。
美術館めぐり・・・・・・いいですねー。

ゴッホに拒否反応がなければ、オランダのOtterloにあるクレラー・ミュラー美術館 (Kröller Müller Museum)がお薦めです。
国立公園の中にあり、チケット売り場から白いコッタードブレーキの自転車(無料)で2kmくらいで辿り着きます。
屋外の彫刻は、幾つあるか分からないくらい。
ゴッホだけではなく、19世紀からの美術をたどる事も出来ます。
最低でも2時間、時間を潰せます。
| kus | 2010/04/21 11:28 PM |
今年の欧州遠征
堪能されているようですね!
楽しすぎて、無理しないで、体に気をつけて頑張ってください。
レポートとても楽しみにしています。

帰国したときは土産話を聞かせてください。
いつかな〜?
飲みましょ!
| omata | 2010/04/21 11:28 PM |
> Frank*さん
エッシャー、私も好きです。鳥の絵があるんですよね(笑)。
楽器博物館、穴場ですよ!

> kusさん
クレラー・ミュラー美術館ですか〜。以前、自転車借りて美術館に行くってのをテレビで見たような気がします。そこかな?美術館はゆったり時間とっていきたいですね。行けたら行ってみます。ありがとうございます。

> omataさん
はい、楽しんでます!ぜひ帰国した際には、一緒に飲みに行きましょう。TOJでお会いできるかな?私が東京まで行ければいいんですが…
| chiho | 2010/04/26 11:45 PM |
コメントする